あきとんさん

主催者あきとんさんが語る「第6回コスエクスプレス」の魅力

会場内を回っていると、ステキなお客さんとの出会いもありました。今回会えて一番嬉しかったのは、今を時めく漫画家・水龍敬先生です。

「4階から6階の全フロアを回りましたが、知り合いに声をかけられて話をしての繰り返しでした。自分のマンガの衣装を着たコスプレイヤーさんがいたので、その方だけ撮影させてもらいました」

水龍敬先生は超売れっ子漫画家なので、イベントを楽しむというよりも、挨拶回りを頑張っている感じでした。

そしてイベント終盤、何と! 水龍敬先生が店番(?)をしているではありませんか!?

水龍敬先生が座っていたブースは、コスエクスプレス主催者あきとんさんの「はいか×らびっち」。

「はいか×らびっち」では、5周年を記念してクリアファイルを作りました。サークルもコスエクスプレスも盛り上げるあきとんさんに頭が下がります。というか、水龍敬先生に店番させるあたりがスゴイ!(笑)

というわけで、最後にあきとんさんにインタビューしました。

「今回は、前回まであったステージがなくなっています。過去最大数のサークルが応募してきたので、皆さんを受け入れるためにステージをなくしました。いろんなサークルがあって、内容盛りだくさんのイベントになりました」

中でも、全年齢対象のサークルは出展料を無料にしたといいます。

「全年齢の作品は、紙媒体の作品を中心にクオリティが高いんです。ものづくりにかける情熱がすごいんですね。そういう作品を皆さんに見てもらいたいと思います」

さまざまなジャンルの作品が並び、憧れのコスプレイヤーさんたちとも交流できるコスエクスプレス。第6回は大盛況のうちに幕を閉じました。次回の開催が今から待ち遠しいですね!

▼▼合わせて見たい! 競泳水着にふともも、ニーソ画像まとめ▼▼

家庭教師を本業とするライター。アート、教育、地域情報を軸に、広く文化全般を対象に執筆。まじめに教材作成をする一方、サブカル、妖怪、アングラ、フェチなどに関連するイベントを一眼レフ片手に取材します。「好きな人を応援する」がモットー。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます