自分を見るアイウェア「JINS MEME」、関連アプリやソリューションも提供

ジェイアイエヌは、センシング・アイウェア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」として、カジュアルなウエリントンタイプの「JINS MEME ES」と、スポーツサングラスタイプの「JINS MEME MT」の2モデルを11月5日に全国のJINSショップとJINS MEMEオンラインショップで発売する。

「世界初、自分を見るアイウェア」をコンセプトに開発。メガネとしてのデザインや機能はそのままに、独自開発の3点式眼電位センサと6軸センサ(加速度・ジャイロセンサ)を搭載し、瞬き、視線移動、身体の動きを取得できる。

取得したデータをBluetoothでスマートフォンに転送することで、専用アプリ上でさまざまなシーンや用途に使える。対応OSはiOS 8.0以降で、Android版は2016年1月に公開を予定する。

バッテリ駆動時間は、リアルタイムモードが最長12時間、スタンダードモードが最長24時間で、充電時間は約2時間。

ウエリントンタイプの「JINS MEME ES」は、3点式眼電位センサと6軸センサを備える。レンズタイプはクリアで、度なしUVカットレンズを使用する場合の重さは約36g。税別価格は3万9000円で、税別2000円の追加で度付きレンズに変えられる。

スポーツサングラスタイプの「JINS MEME MT」は6軸センサのみを搭載し、度付きレンズには非対応。レンズタイプはミラーグレーで、重さは約45g。税別価格は1万9000円で、税別2000円の追加で度なしクリアレンズに変えられる。

オフィシャルアプリの「JINS MEME App」は、3点式眼電位センサと6軸センサによって取得した眼や身体の動きの情報を元に、「ココロ」と「カラダ」の状態や、バランスを測定することが可能で、東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授の監修による「アタマ年齢」と「カラダ年齢」として表示できる。

このほか、運転時のドライバーの瞬きや視線の変化から眠気を推定してアラートを行う「JINS MEME DRIVE」、ランニングアプリケーション「JINS MEME RUN」を11月5日に公開するとともに、学術研究者向け特化型ソリューション「JINS MEME ACADEMIC PACK」(税別価格50万円)を10月29日に発売する。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント