DEAD POP FESTiVAL 2019

6月22日(土)・23日(日)に神奈川・川崎市東扇島東公園特設会場で開催されるSiMが主催するフェス「DEAD POP FESTiVAL 2019」。同フェスの第4弾出演アーティストと日割りが発表された。

【チケット情報はこちら】

出演が決まったのは、10-FEET、EGG BRAIN、NAMBA69、SIX LOUNGE、SHIMA、The BONEZ、Crossfaith、凛として時雨、あっこゴリラ、HOTSQUALL、NOISEMAKER、PRAISE、SOIL&”PIMP”SESSIONSの13組。

「DEAD POP FESTiVAL」は、「壁を壊す」をテーマとしてSiMが主催するライブイベントで、2010年に渋谷club asiaでの初開催以来、恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIO COASTと規模を拡大。2015年より野外フェスとして開催され、今回で開催10回目、野外フェス化5年目を迎える。

チケットの一般発売に先駆けて、オフィシャル4次先行を実施中。受付は5月7日(火)午後11時59分まで。

■DEAD POP FESTiVAL 2019
日時:6月22日(土)・23日(日)開場9:00 / 開演 11:30 (20:30終演予定)
会場:川崎市 東扇島東公園特設会場(神奈川県)
料金:
【6/22入場券 ・6/23入場券】各8500円
2日通し券 15800円
2日通し券(セーフティゾーン券)17000円
(スタンディングエリアに設置されたセーフティゾーンでの観覧が可能なチケット)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます