水川あさみ、吹き替え声優初挑戦振り返る 「予定の3分の2の時間で終わった」

2015.10.15 21:10配信
吹き替え声優に初挑戦した水川あさみ

 映画『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』3D吹替版完成披露試写イベントが15日、東京都内で行われ、日本語吹替版でフックの声を務める成宮寛貴、タイガー・リリー役の水川あさみが出席した。

 この作品は、普通の少年がピーターパンになるまでの秘められたドラマを描く。少年ピーターが母を探すために旅立った夢と希望のネバーランドへの道中では、おなじみのキャラクタ―である若き日のフック船長やタイガー・リリー、妖精ティンカー・ベルや人魚たちとの出会いもあり、悪の海賊・黒ひげとの戦い、ピーターの出生の秘密も明かされる。

 成宮は「ピーターパンは子どものころから大好きで、ネバーランドに行けたらいいなと空想を膨らませていました。お話をいただいて、この仕事をしていてよかったと思いました」とオファーが来た際の喜びを語った。

 吹き替え声優初挑戦となった水川も「本当に好きで、子どものころはピーターパンに恋するくらいだった。緑色の洋服とティンカー・ベルを連れている感じに憧れました」と子ども時代を懐かしみ、「その世界に参加できるのがうれしくて、声のお仕事にも興味があったので、チャレンジだと思いつつお仕事させていただきました」と笑顔を見せた。

 「すべてが初めてなのでいろいろな発見があって楽しめましたが、これで合っているのかと不安もありつつ、いろいろな感情がブースの中で湧きあがっていました」と振り返りながらも、アフレコは予定より1日早く終わったそうで「初めてだから、スタッフの方が多く時間を取ってくれたのかもしれないですけど。3分の2くらいの時間で終わりました」と照れ笑いを浮かべた。

 また、映画の感想を問われた成宮は「ピーターパンは最初は飛べないんですよ。あるところで人を守るために飛び降りて、そこで初めてピーターパンはピーターパンになるんです。思い出すだけでやばい」と涙目になりながら語り、「子どもと一緒に見に行ったら逆に僕ら大人が夢中になっちゃうと思う」とアピールした。

 映画は10月31日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング