2ndステージVへ、鹿島が過密日程と柏と戦う

2015.10.16 16:20配信
柴崎岳(鹿島アントラーズ) (c)J.LEAGUE PHOTOS 柴崎岳(鹿島アントラーズ) (c)J.LEAGUE PHOTOS

今週末キックオフを迎える柏レイソル戦が、鹿島アントラーズにとって最大の関門となる。鹿島は『明治安田生命J1リーグ』2ndステージで9勝1分3敗・勝点28と得失点差でサンフレッチェ広島に次ぐ2位に付ける。第6節に広島との直接対決を終えている鹿島としては、1試合でも早く広島と立場を変えたいところ。ましてや、勝点を離されるわけにはいかない。一方の柏は7勝2分4敗・勝点23の6位である。大逆転優勝を果たすためには残り4試合で全勝が必須条件と言える。こちらもモチベーションを失っていない。

『ナビスコ杯』決勝・鹿島×ガンバ大阪 チケット情報

年間順位はと言うと、鹿島は3位のFC東京に勝点9差の6位。柏は勝点18差の8位だ。柏はもちろん、鹿島も『明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ』出場のためには、2ndステージ制覇が必要である。

10月17日(土)・カシマサッカースタジアムで激突する両軍だが、スケジュールでホームチームはビハインドを背負う。柏は10月3日以来、2週間の調整期間があった。対する鹿島は10月3日から15日間で5試合と過密日程を強いられている。10月7日・11日は『Jリーグヤマザキナビスコカップ』準決勝・ヴィッセル神戸戦を連勝でクリアした。10月14日には、『天皇杯』3回戦で水戸ホーリーホックに延長、PK戦の末、敗れた。水戸戦はスタメンをガラリと入れ替え、主力を温存したが、敗退のショックは決して小さくない。

柏アタッカー陣はクリスティアーノ12ゴール、工藤壮人10ゴールとスコアラーが明確だ。対する鹿島はカイオが8得点、金崎夢生が7得点、遠藤康と赤崎秀平と怪我で戦線離脱した土居聖真が6得点、柴崎岳が5得点とアタッカー陣がバランスよくゴールを奪っている。

中盤には鹿島・小笠原満男と柏・大谷秀和という戦術眼に秀でたMFが揃う。重心を後ろに置いて、ある程度相手にボールを回させてから、チャンスと見ればカウンターを炸裂させるのか、パスを回し、自ら主導権を握りながら試合を進めるのか。彼らの手綱捌きにも注目したい。

直接対決では鹿島が23勝5分11敗とリードするが、ここ5シーズンの結果を見ると柏が5勝1分3敗と盛り返している。リーグ戦の直近5試合を振り返ると鹿島は3勝2敗、柏は1勝2分2敗と足踏みを強いられている。10月17日(土)・カシマスタジアムで行われる2ndステージ第14節・鹿島×柏はチケット発売中。また、10月31日(土)・埼玉スタジアム2002で開催される『ナビスコ杯』決勝・鹿島×ガンバ大阪は、10月18日(日)午前10時より一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング