元号改定記念イベント。昭和レトロな温泉銭湯玉川温泉と梅の名産地越生のゆうパークおごせにて実施。

株式会社温泉道場が運営する温浴施設、昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(比企郡ときがわ町)と、ゆうパークおごせ(入間郡越生町)にて、2019年5月1日(水)~ 12日(日)の期間中、元号改定を記念し、万葉集にちなんだイベント「令和風呂」を実施します。



新元号の「令和」は万葉集の梅の花32首の序文「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」から由来しています。

今回の「令和風呂」では、この序文の中にある「梅」と「蘭」に着目し、
(1)「梅の花32首」を、ときがわ産のヒノキに書いてお風呂に浮かべると同時に
(2)かつては日本各地の河原などに群生していたが、今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定されている「蘭=藤袴」のお香を館内で焚きます。

「おふろから文化を発信する」を企業理念に掲げる温泉道場では、このイベントを通じて万葉集への関心を高め、その時代に生きた人たちが感じた日本の四季を見つめなおす機会にしたいと考えます。

実施期間:
2019年5月1日(水)~ 12日(日)

実施店舗:
昭和レトロな温泉銭湯 ⽟川温泉 
https://tamagawa-onsen.com/

ゆうパークおごせ
https://youpark.jp/


■株式会社温泉道場
http://onsendojo.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます