ヘッドフォンをつけて暗闇の中へ……。

ヘッドフォンを装着し、両腕をベルトで拘束するとか、エグ過ぎてほぼ変態の領域。

中はネタバレするので撮影禁止。出口から出てきた人に、どんな感じか聞いている人がいましたが、知らないほうが楽しめますよ。

ヘッドフォンから流れてくるサウンド演出が五感を刺激!!誰もいないのに誰か居る感がスゴイ。

まるで亡霊に巻き憑かれているよう(泣)

「無限廃坑」は怖いけど興味深々な人にお勧め!

「無限廃坑」がなぜおススメなのかというと、このアトラクションは、自走式ロボットライドなので、自分で歩かなくてOK

「絶凶・戦慄迷宮」は、もしも怖くて歩けなくなっても、自分で歩いて進まなければいけません。自走式ロボットライドなら、出口に運んでくれるので、同乗者に激しくしがみつかれても先に進めます。

でも、怖すぎて「自走式」って言葉ですら恐怖を感じちゃいました。自分の意思で進めないのはやっぱり怖い~。

所要時間は約5分!この5分が耐えられなかったら「絶凶・戦慄迷宮」は出られないと思った方がいいかもー。

なんかトロッコが処刑台みたいでコワッ!!

【自走式ロボットライドについて】

 本アトラクションで使用している自走式ロボットライドは、株式会社Doog(ドーグ)が開発製造する2人乗りのスマートモビリティ「モビリス」を、株式会社チェルカがライドアトラクション化したもので、床面に貼った反射テープをライドが赤外線で読み取ることで、事前にプログラムされた加減速・停止・発進・後進・回転等様々な動きを行うことができます。

【無限廃坑(むげんはいこう)】

■定 員:2名(1台あたり)
■乗車時間:約5
■利用制限:無し ※12歳未満は中学生以上の付き添いが必要です
■利用料金:1,500円 ※フリーパス利用可

 フリーライター(たまにイラストレーター)として、雑誌やWebで執筆。現在はグルメ・旅の撮影や執筆、取材を中心にお仕事をしています。元飲食店オーナーだったこともあり、調理経験を生かして料理レシピやフードコーディネートも行っています。ブログ:『牡丹餅 あんこのpoco a poco』 

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます