コロチキ、ナダル“優勝”で生活が激変 「1日2、3本はペットボトルが買える」

2015.10.20 15:24配信
(左から)山本博、秋山竜次、馬場裕之、すっちー、ナダル、西野創人

 「東京グランド花月」開催発表囲み会見が20日、東京都内で行われ、すっちー、ロバート(秋山竜次、馬場裕之、山本博)、コロコロチキチキペッパーズ(ナダル、西野創人、以下コロチキ)が登壇した。

 「東京グランド花月」は、12月26日~29日の4日間、都内の池袋のサンシャイン劇場でを開催される。公演では「吉本新喜劇 すっちー座長公演」を東京地区で初上演することが決定した。

 大阪のおばちゃんこと“すち子”として登場したすっちーは「意気込みも何も、この人の多さにビビっています」と報道陣の数に圧倒されながらも、「東京で“よそ行き”の新喜劇をやっても意味が無い。普段通り大阪でやっているコテコテのノリをそのままこちらに持ってくるので、どうぞ召し上がれ」と笑顔でアピールした。

 一方、コロチキの二人は、先日「キングオブコント2015」で8代目王者に輝いたばかり。生活は一変し、仕事のスケジュールも詰まっているという二人は「めちゃめちゃうれしい」と声をそろえたが、西野は「かたくなにナダルさんがマスクをする。コンビニに行くのにも着けるんです」と相方の変化を暴露した。

 これにナダルは「めちゃめちゃ声を掛けられる。うれしい悲鳴なんですけど、ちょっと悪意のあるイジリ方もあって、『“やっべぇぞ”やれっ!って』言われたりして…」と困惑することもあると明かし「ええがな。マスクぐらいさせて」と懇願した。

 それでも生活は潤ったようで、バイトも辞めたという。「これまで節約で水筒だったけど、今では1日2、3本はペットボトルが買える」と笑顔を見せた。

 また、19日にボクサーとしての現役引退を発表した南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代の話題も。偶然にも会見終了後の新幹線で一緒になったという“ボクサー仲間”の山本は「もうすっきりした感じで『自分の納得のいく判断です』と言っていたので良かった。僕の場合は37歳の年齢制限で定年でしたが、しずちゃんは自分で判断した、すごいです」とねぎらった。

 山本は「プロボクサーも引退しまして、今度新しいトレーナーライセンスを取りました」と報告し、報道陣にライセンスの実物を披露した。「お笑いと二本柱で行きたい」と話す山本に、秋山が「僕はまだお笑いのライセンスを与えたつもりはない。おまえはまだアマチュアだろ」と怒りの突っ込みを入れ、笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング