東芝のドラム式洗濯乾燥機、汚れが付かない「Bigマジックドラム」採用

2015.10.20 16:22配信

東芝ライフスタイルは、ドラム式洗濯乾燥機の新製品として、洗濯容量11kg、乾燥容量7kgと大型ながら、スリムで限られたスペースに置ける「TW-117X3L」(左開き)および「TW-117X3R」(右開き)と、「TW-117V3L」(左開き)および「TW-117V3R」の2機種を11月下旬に発売する。価格はどちらもオープン。

スリムな本体に、汚れの付着を防ぐ親水性の高いガラス質コート(防汚コート)を施すことで、外側に黒カビの原因となる洗剤カスが付かないステンレス洗濯槽「Bigマジックドラム」を採用した。

「Bigマジックドラム」は、従来機種と比較して直径で約2cm、容積で約21%大型化しつつ、洗濯・脱水時の振動を抑える「振動吸収クッション」に、新たに横揺れを防止する「高減衰ゴム」を採用することによって、水槽の振動を少なくするとともに、スリム化を実現した。

洗濯機能としては、洗濯時のシャワー流量を従来機種と比較して約44%増量した「Ag+抗菌ダイナミックシャワー」を採用することで、衣類が多い場合でも繊維の奥まで洗剤液が浸透し、汚れを落としやすくする。洗い方は、大きな洗濯槽の落差でたたき洗いする「ダイナミックたたき洗い」、洗濯槽をすばやく回転して洗剤液をしみ込ませる「ダイナミック遠心洗い」、衣類を前後に動かす「ダイナミック押し洗い」の3種類を備える。

洗濯槽の大型化によって、内部で乾燥中の衣類を広げやすくするとともに、風量を従来機種と比較して約31%増やした大型乾燥ファンを搭載し、シワを伸ばしてきれいに仕上げられる。また、ヒートポンプユニットは熱交換器の表面積を約20%拡大することで、乾燥効率を向上した。さらに、洗濯時の給水で乾燥フィルター奥のダクトを自動洗浄する「乾燥ダクト自動お手入れ」機能を搭載する。

このほか、「マジックドラム」や、外装の内側をAg+抗菌水で脱水時に自動洗浄する「自動おそうじ機能」、洗濯物の取り出し後にボタンを押すだけで洗濯槽を乾燥して黒カビを防ぐ「カビプロテクト」、抗菌加工の「抗菌ふろ水ホース(先端部)」「抗菌糸くずフィルター」「抗菌排水ホース」を採用した。

「TW-117X3L」「TW-117X3R」は、Ag+抗菌水と温水洗浄によって落ちにくい黄ばみ汚れに効果的な「Ag+約40℃つけおき洗浄(3kg)」を備えるほか、黄ばみの原因となる皮脂汚れを落とす「Ag+約40℃洗浄(5kg)」、冬場など低水温時に自動で自ら温めて洗う「Ag+約15℃洗浄」、赤ちゃんの肌着などを除菌しながら洗う「Ag+約60℃除菌(3kg)」に対応する。

洗濯槽内には小物衣類の取り忘れを防止するLED照明を搭載し、操作パネルには時計機能付きタッチセンサ式「スマートタッチ」パネルを採用した。

なお、東芝HEMSと接続すれば、故障予知、乾燥フィルターの詰まり、洗濯終了などを携帯電話にメールで調べるサービスが利用できる。

カラーは、インテリアホワイト、グランホワイト、グレインブラウンの3色。税別の実勢価格は30万円前後の見込み。

「TW-117V3L」「TW-117V3R」は、カラーがグランホワイト、ラピスアイボリーの2色。税別の実勢価格は28万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング