アラン・メンケンが『アラジン』主題歌誕生秘話を語る

2015.10.21 10:22配信
『アラジン』

ディズニーの名作『アラジン』が初めてブルーレイ化されるMovieNEXが本日発売されたのを記念して、本作の音楽を手がけたアラン・メンケンのインタビューが公開になった。

その他の写真

本日発売された『アラジン』ダイヤモンド・コレクション MovieNEXは、ブルーレイ、DVDをはじめ、豪華なボーナス映像やコンテンツがたっぷりと楽しめるアイテムで、楽曲を手がけたメンケンは「曲を聞くにも様々な方法があっていいですね。ブルーレイなどの高画質高音質で楽しめるのもいいですが、作曲家としては、どんな形であれ、私が作った作品を人々が楽しんでくれることが喜びです」と語る。

『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『塔の上のラプンツェル』などディズニー作品の楽曲を数多く手がけ、日本にもファンが多いメンケンだが、本作の主題歌『ホール・ニュー・ワールド』は、驚くほどのスピードで誕生したという。「『リトル・マーメイド』でタッグを組んだ作詞家のハワード・アシュマンが、この映画の完成前に亡くなって、新たにタッグを組むことになった作詞家は、『ジーザス・クライスト・スーパースター』や『エビータ』といったミュージカルで名を知られていたティム・ライスでした。最初は、まずロンドンへ行って、ティムと曲作りにかかろうと思っていたのですが、行く直前にやはり手ぶらで行くわけには行かないと思い、先にアイデアを考えさせてほしいと言いました。そして、朝の4時半に目が覚めて、今すぐに曲を書かなければ、と思い、スタジオに行きました。それから2時間ほどで、『ひと足お先に』、ジャファーの曲、『ホール・ニュー・ワールド』を書いたんです」。

明け方に魔法のような速さで生み出された楽曲は、20余年たったいまも世界中のファンに愛され続けており、近年では高画質なブルーレイ、DVDだけでなく、デジタル配信も開始。様々な場所、状況で、メンケンの美しい楽曲と、アラジンと魔人ジーニーの活躍を楽しむことができる。

『アラジン』ダイヤモンド・コレクション MovieNEX
発売中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング