日本シリーズチケット争奪戦、明日プレイボール!

2015.10.21 16:00配信
山田哲人(東京ヤクルトスワローズ) (c)ヤクルト球団 山田哲人(東京ヤクルトスワローズ) (c)ヤクルト球団

ソフトバンクの2年連続日本一か、ヤクルトの14年ぶりの日本一か。『日本シリーズ』がいよいよ10月24日(土)に迫った。そして頂上決戦が開幕する2日前、明日22日(木)にチケット争奪戦もスタートする。工藤公康×真中満のルーキー監督対決や柳田悠岐×山田哲人のトリプルスリー対決など、話題に事欠かないソフトバンク×ヤクルトだが、『日本シリーズ』で対戦するのは、前身のチームも含めて今回が初めて。

『セ・パ交流戦』の対戦成績を見ると、ソフトバンクが通算で28勝17敗2分、今季も2勝1敗とリードする。しかし、『交流戦』の対戦は5月末の話、場所はヤフオクドームだった。ヤクルトはそれまで8勝9敗1分と勝ち越しもままならないチーム状況だったことを考えると、深刻に捉える必要はない。

両軍とも特長が酷似している。ソフトバンクは首位打者の3番・柳田は打率.363・34本塁打・99打点、4番・内川聖一は.284・11本・82打点、5番・李大浩は.282・31本・98打点、6番・松田宣浩は.287・35本・94打点、7番・中村晃は.300・1本・39打点と中軸が揃って高い数字を残す。

対するヤクルトも負けてはいない。首位打者の2番・川端慎吾は打率.336・8本塁打・57打点、本塁打王&盗塁王の3番・山田は.329・38本・100打点、打点王の4番・畠山和洋は.268・26本・105打点、5番・バレンティンはケガに泣いたが実績十分、6番・雄平は.270・8本・60打点と抜け目のない打線を敷く。

先発陣はソフトバンクの方が駒は揃う。ソフトバンクは13勝6敗・防御率3.17の武田翔太、9勝0敗・防御率2.52のバンデンハーク、9勝7敗・防御率3.24の中田賢一が、ヤクルトは13勝9敗・防御率3.31の石川雅規、11勝8敗・防御率3.11の小川泰弘、6勝3敗・防御率2.89の館山昌平が『クライマックス』ファイナルステージ第1~3戦の先発を託された。ソフトバンクはさらに10勝を挙げた攝津正とスタンリッジが控える。

救援陣は互角か。ソフトバンクは3勝1敗31ホールド(H)2セーブ(S)・防御率1.38の五十嵐亮太、0勝2敗20H1S・防御率3.18のバリオス、5勝2敗16H・防御率2.69の森唯斗、ヤクルトは6勝1敗22H・防御率2.36の秋吉亮、5勝5敗23H・防御率2.40のロマン、5勝2敗33H・防御率2.05のオンドルセクと磐石のセットアッパー陣が揃う。

クローザーも5勝1敗9H41S・防御率1.11のサファテ(ソフトバンク)、3勝1敗6H41S・防御率1.29のバーネット(ヤクルト)はともに最多セーブを獲得した。

戦前の予想では、ソフトバンク有利の声が多数を占めるが、短期決戦は何が起こるかわからない。『日本シリーズ』ソフトバンク×ヤクルトは、10月24日(土)・25日(日)・31日(土)・11月1日(日)・ヤフオクドーム、10月27日(火)~29日(木)・神宮球場で開催される。チケットは10月22日(木)午前10時より一般発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング