マーティへ「時空をいじるな、壊すな」 ゼメキス監督、“2015年10月21日”に喜び

2015.10.21 16:52配信
来日したロバート・ゼメキス監督

 映画『ザ・ウォーク』の来日記者会見が21日、東京都内で行われ、ロバート・ゼメキス監督とジャック・ラプキープロデューサーが出席した。

 1974年に起こった実話をもとにしたこの作品は、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターのツインタワーの間をワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩に挑んだフィリップ・プティを描く。

 映画化した理由について、ゼメキス監督は「ほかの芸術では表現できないスペクタクルを表現できる。その表現を映像化することにワクワクしました」と説明し、「フィリップのアーティストとしての情熱や、クリエーティブなビジョンを持っていて、それをどうしても表現せずにはいられないところにひかれました。彼の作品は極端ではありましたが、皆ととても似ているところを持っていると思うんです」と語った。

 直径2.2センチのワイヤーロープ上で地上110階、411メートルのツインタワー間を歩いたフィリップを演じるのは、ジョセフ・ゴードン=レヴィット。監督は「本当に素晴らしい役者なのは間違いない。役のため、演技のために自分の肉体を変化させて演じるタイプ。ワイヤーウォークは本人自らやりたいと言ってくれた。役者として、アーティストとしての気概を感じる良い例です」と絶賛した。

 また、“2015年10月21日”のこの日は1989年に公開されたゼメキス監督による映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の舞台になったちょうどその日であり、監督は「この日にここにいられてうれしい。30年はあっという間でした」と喜んだ。タイムトラベルする主人公マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)らには、「時空をいじるな、壊すなと伝えておきたいです」とメッセージを寄せて笑わせた。

 映画は来年1月23日から全国ロードショー。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング