ポップンマッシュルームぴあ野郎の舞台稽古に潜入

2015.10.21 18:35配信
舞台『ポップンマッシュルームぴあ野郎「錆びつきジャックは死ぬほど死にたい」』稽古の模様 撮影:中川實穗 舞台『ポップンマッシュルームぴあ野郎「錆びつきジャックは死ぬほど死にたい」』稽古の模様 撮影:中川實穗

10月28日(水)に開幕する、舞台『ポップンマッシュルームぴあ野郎「錆びつきジャックは死ぬほど死にたい」』。映画『日々ロック』やアニメ『ガッ活!』の脚本で知られる吹原幸太が主宰を務める劇団「ポップンマッシュルームチキン野郎」とぴあの共同プロデュースで行われる作品だ。

【チケット情報はこちら】

同劇団は、2012年度サンモールスタジオ最優秀演出賞、2013年度黄金のコメディフェスティバル最優秀作品賞、優秀演出賞を受賞するなど、勢い十分。独特で強烈なメイクと大がかりの衣装、スピード感のある舞台演出、そしてぐいぐい引き込まれる脚本が特徴だ。

今作は、ドラマ『私のホストちゃん』やミュージカル『テニスの王子様 2nd Season』の久保田秀敏、元・宝塚歌劇団雪組 娘役トップの愛加あゆ、同じく『テニスの王子様2nd Season』の水石亜飛夢、同劇団の作品は3回目の出演となる萩野崇らをゲストに迎え、古代ギリシャ時代に機械人間に改造され、永遠に生きることになった男・ジャック(久保田)が見てきた数千年の物語を描く。

開幕を約2週間後に控えた10月15日、都内で公開舞台稽古が行われた。今作ではまず全体の流れを作ってから、1シーンごとに丁寧に作り直す、新たなスタイルでの芝居作りに挑戦しているという。この日も1シーン通しては、台詞回しや動きのひとつひとつを、脚本・演出を手掛ける吹原が丁寧にブラッシュアップ。何を目的とした台詞なのか、何を強調した動きなのかを役者と確認し合うことで、より深く芝居が作りこまれていく。ときにはひとつの台詞について、吹原と役者たちがアイデアを出し合いながら詰めていく場面も。途切れない緊迫感の中でも稽古場の雰囲気は和やか。役者それぞれが考えているというアドリブに稽古場が笑いに包まれるなど、舞台を見つめる目に期待がこもっている。全員がこの作品を楽しんでいるのだと感じた。

物語の舞台は、久保田演じるジャックが数千年生きる中で見てきた、いくつもの時代の場面が次々と移り変わっていく。輪廻転生で生まれ変わる人々は、死ぬことのできないジャックだけが知っている顔ぶれ。その人々が生きる各時代は永遠のようで実ははかなく、だけどどこかでつながっている。公演時間2時間の中で描かれるいくつもの物語は、ひとつひとつが鮮やかだ。同劇団にはなくてはならない笑いのシーンは、取材しながら思わず吹き出してしまう瞬間がいくつもあった。また、役者たちはいくつもの役、いくつもの時代の人間を演じることになり、同劇団ならではの個性的な衣装も楽しみにしたい。

ちなみに上演期間はハロウィーンど真ん中、劇場のある渋谷は仮装した人達でごった返す時季だ。なので(!?)、仮装して来場すると終演後の写真撮影会に参加できるという特典も(全公演日)。終演後に出演者との仮装パーティーが楽しめる日なども設定されている。HPで確認してほしい。

公演は10月28日(水)から11月3日(火・祝)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて。

取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング