筆記具店の店主、て、
とってもアナログなんでしょ、と思われていますが
実はかなりデジタル寄りの宇井野京子がお届けします。

今回は、アナログとデジタルの
酸いも甘いも知り尽くした私が買った
世紀のマリーアージュ文具カイバースマートマーカー
をご紹介しましょう。

これがその実物。普通のラインマーカーにしか、みえません

マリアージュ、という表現は、
ワインブームで広まったように
思うのですが、
ここでは最良の組み合せ、くらいの意味に
考えていただきたいのですが、
“アナログとデジタルが出会ったペン…
ああ、進化しつつあるデジタルペンのことね”
と思い浮んだ方。
あなたはすでにかなりのデジタル使い。
今日はもう、このコラムを読む必要はありません。
今回は、「キカイ、とか、すごく苦手!!」という方にこそ
わかっていただけるよう、説明をしてみたいと思います。

さて、このカイバースマートマーカーとは
一体、何者か。
公式の案内の言葉を借りると
「ヒューマンリソースを活用した光学式文字読み取り装置」
うわあ。もう、なんのことか、わかりませんね。
 
では、若干の曲解にはなりますが、
以下のポンチ絵で、
どんな時にカイバースマートマーカーを使うと便利なの?
それってどういう仕組みなの?
を、噛みくだいてみました。
ごらんください。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます