世界文化賞にシルヴィ・ギエム、内田光子ら

2015.10.22 14:35配信
シルヴィ・ギエム シルヴィ・ギエム

絵画、彫刻、建築、音楽、演劇・映像の5つの部門で世界的に優れた芸術家に毎年贈られる「高松宮殿下記念世界文化賞」の受賞者が決定し、10月20日に都内で会見が行なわれた。

【内田光子 チケット情報はこちら】

2015年の受賞者は、絵画部門が横尾忠則。彫刻部門がドイツ出身のヴォルフガング・ライプ。建築部門がフランス出身のドミニク・ペロー。音楽部門が内田光子。演劇・映像部門がフランス出身のバレエダンサー、シルヴィ・ギエム。シルヴィ・ギエムは会見で「受賞について、大変幸福に思う。なぜなら、私は幼い時から日本の文化に出会い、愛してきたから」とコメント。さらに「歴代の受賞者を見て、大変な賞をいただいたと改めて実感した。ただ、芸術を、文化を、様々な事を愛してきたことで、このような栄誉に結びついたと思っている」と語った。

また、現在はロンドンに在住し、この日は体調不良によるドクターストップのため、ビデオでコメントを寄せた内田光子。「一生で何をするかに対し、私は音楽をつきつめただけ。そのため、このような賞をいただくのはずうずうしいが、光栄です」と話した。また「もっとも嬉しいことは、この賞の第一回の受賞者に尊敬するブーレーズ(フランスの作曲家・指揮者)がいることです。この事により、同じ賞を受ける事に大変な喜びを感じました」と語った。

シルヴィ・ギエムはすでに引退を発表。12月より最後の来日公演を開催する。現在、12月16日(水)に行われる東京追加公演≪ライフ・イン・プログレス≫(東京文化会館 大ホール)の先行を11月3日(火・祝)午後11時59分まで実施中。また、12月30日(水)に神奈川・神奈川県民ホール 大ホールで行われるシルヴィ・ギエム ファイナルの先行抽選申込を10月31日(土)午前11時より受付。

内田光子は、11月7日(土)北海道・札幌コンサートホールKitara 大ホール、10日(火)・15日(日)東京・サントリーホール 大ホール、13日(金)愛知・愛知県芸術劇場 コンサートホールで公演を開催。すでに予定枚数を終了しているサントリーホール 大ホール公演以外はチケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング