step1. ベースのメイク、アイシャドウもフェアリーを意識して

ベースメイクは妖精のような顔立ちを意識して、明るめにするのも良さそうです。
ノーズシャドウを入れて少し彫り深く演出するのもポイント。

Risaさんは無印の2WAYアイブローカラーのブラシ側を使ってノーズシャドウを入れるというテクを使っています。チークは流行のクリームジェル系チークで、ツヤ感のある頬に。

アイシャドウは単色でOK。お花を描く事を意識してカラーを選びましょう。
Risaさんが使っているのは韓国コスメVDLの「FESTIVAL EYE SHADOW 107 SUN SHINE」。光をとてもキレイに反射するので、最近のお気に入りだそう。

step2. まぶたにお花*をペイント

100均で売っている絵の具用の筆を使い、アイシャドウの上から「MIRACLE PAINT」でお花を描いて行きます。

「MIRACLE PAINT」はステンシルで使うことを考えて作られているようで、筆で描くと思ったより早く乾いていきます。『くっつきてきちゃったなと思ったら液を追加して描いていくとはがれずに書く事ができます』とのこと。

「MIRACLE PAINT」は、赤、白、黒、オレンジ、紫、青、緑、黄、ピンクの全部で9色。
こだわり派の方は、混ぜて色を作ってもいいですね。

お好みの数だけ花びらを描いたら、真ん中に黄色のちょんちょんとつけてお花の完成!

『失敗してまつげについてもすぐ取れるので、大胆に描いていってOK。』だそう。

かわいいですね。

step3. グリーンをのせてお花畑&ティンカーベル風に

黄緑と濃いグリーンのシャドウを使って、まつげの際を埋めれば、一気にお花畑風に!
この時、お花がつぶれてしまわないように、軽めのタッチで。

更に、薄い黄緑のアイシャドウを下瞼にのせれば、ティンカーベルのようなフェアリー感がぐっとアップします。

ここで、黒目の下の部分もアイライナーを引いておきます。

グリーンのカラーがなければ、空をイメージしてブルーを使ってみたり、ピンク系を入れても可愛く仕上がりそうです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます
バックナンバー