香取慎吾、妊婦役の遠藤憲一が「うらやましい」 “宇宙人”になり切って初日舞台あいさつ

2015.10.28 11:34配信
(左から)石丸幹二、遠藤憲一、優香、西田敏行、綾瀬はるか

 映画『ギャラクシー街道』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の香取慎吾、綾瀬はるか、遠藤憲一、三谷幸喜監督ほかが登場した。

 本作は三谷監督初のSF作品。2265年の宇宙を舞台に、スペースコロニー「うず潮」と地球を結ぶ幹線道路ギャラクシー街道のハンバーガーショップで起こる“宇宙人模様”を描く。

 主演の香取は「地球人の皆さん、こんにちは。宇宙人の香取慎吾です。一人でも多くの地球人にこの映画を見ていただきたいなと思います。(宣伝の場で)『感動無し』と言い続けてきましたが、劇場で見てみたら、ちょっと感動するじゃんって思ってくれたらなという作戦でした。大爆笑できる映画です。大声で笑っていただけたらと思います」とアピールした。

 三谷監督が「俳優・香取慎吾の一番スマートな瞬間が映像に残っている作品です」と紹介すると、香取も「映画の中でも『リバウンドしやすい』っていうせりふがあったので、気を付けたいなと思います」と体形維持を宣言した。

 また、遠藤が男性ながらバニーガールの衣装を着た妊婦役を演じている。香取は遠藤が演じた役柄について「うらやましいですよ。出産シーンなんて、一生に一度あるかないか、いやないでしょう」と語った。

 出産シーンの撮影については「ひどかったですよ。僕、現場で吹いちゃいそうになるってことあまりないんですけど、さすがにつらかったですね。(遠藤が)あの格好だったので、いろんなせりふが大変でしたけど、『おまえの子どもを産もうとしてるんだぞ』って(せりふを)言う時の、気持ちの切り替えが大変でしたね」と振り返り、会場の笑いを誘った。

 遠藤は「綾瀬はるかちゃんの子どもを無事に出産できて、本当に幸せでした。かわいい子どもたちでした」とコメントした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング