伊藤淳史「お遍路さんに合掌された」 本職も脱帽の僧侶姿を披露

2015.10.28 11:40配信
光円を演じた伊藤淳史

 映画『ボクは坊さん。』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の伊藤淳史、山本美月、イッセー尾形、原作者の白川密成氏、真壁幸紀監督ほかが出席した。

 本作は、祖父の突然の死をきっかけに、四国八十八カ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になった24歳の主人公・光円の物語。

 光円を演じた伊藤は「僕の中でお坊さんは、人生の節目、大切な人との別れの場面でお世話になる特別な存在だった」と語ったが、作品を通じて「お坊さんも一人の人間。日常があって、羽目を外すこともある。それでいて生と死に関して真摯(しんし)に向き合っていく本当にすてきな職業だと思った。そういう世界観や考え、思いというのをこの作品を通じて僕自身も学んだし、その思いが皆さんにも伝われば」と熱く語った。

 また、四国・今治の撮影では、お坊さん姿の伊藤にお遍路さんが合掌する場面もあったという。白川氏が「僕の立場は…って。それぐらい伊藤さんは何の違和感もなくお坊さんになっていた」と笑いを交えながら明かすと、伊藤も「境内に立っていたら、ほとんど僕とは気づかれなくて…」と照れ笑いを浮かべた。

 伊藤は「皆さんに手を合わせられるので、最初は“住職じゃなくてごめんなさい”という気持ちだったけど、撮影が進むにつれて“ご苦労さまでした”“ありがとうございました”と(僕も)自然に手を合わせることができるようになった」と満足げに振り返った。

 そんな伊藤に対して檀家の長老を演じたイッセーも「余計なものがなくてスッとまっすぐに立っている姿がお坊さんそのものだった」と絶賛。これには伊藤も「お芝居でないところで“役に近づいている”と言われたのがすごくうれしかった」と語り、笑顔を浮かべた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング