武田梨奈「自分の代表作になったと思っています」 今井雅之の遺作『かぐらめ』の舞台あいさつに登壇

2015.10.24 18:4配信
「2枚の粗筋を読んだ時点で号泣した」と語った武田梨奈

 映画『かぐらめ』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行なわれ、出演者の武田梨奈、大杉漣、筒井真理子、黒川芽以、朝加真由美、奥秋泰男監督ほかが登壇した。

 本作は、山梨の小さな町を舞台に、母を亡くしたことをきっかけに父親との溝を深めた女性が、伝統芸能の神楽を通じて人生を見つめ直していく姿を描いた物語。

 満員の観客に迎えられた武田は「2枚の粗筋を読んだ時点で号泣した」と出演オファーを受けた時の様子を語り、その気持ちを「出会えたなと感じました」と表現した。

 劇中では武田と父親役の大杉が神楽を舞う場面が見せ場となる。このシーンについて大杉は「簡単にはできないです」とその難しさをしみじみと語りつつ、練習を積んで自分で舞った武田について「すごいなと思いました」と賞賛した。

 これを受けて武田は「神楽の師匠たちが『上手に踊ろうと思わなくていい。魂で踊れば絶対に伝わるから』と言ってくださったので、全力で私なりの神楽を舞おうと決めてやりました」と明かした。

 また本作は、5月に亡くなった今井雅之の遺作に当たる。若い時から何度も今井と共演してきた大杉は「今井さんの気持ちや俳優としての魂は、この映画の中に詰まっています」と言葉を送った。

 「自分の中では、代表作になったと思っています」と自信をのぞかせた武田。最後に、撮影を支えてくれた監督の母親が完成を待たずに亡くなったことについて触れ「絶対どこかで見てくれていると思っています。役者としても人間としても成長させてくれた作品なので、これからこの作品も一緒に成長していきたいなと思っています」と目に涙を浮かべながら語り、場内の拍手を誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング