データ通信はいち早く高速規格にシフト……2012年3月25日~3月31日のアクセス数トップ5

2012.4.2 19:43配信

3月25日から3月31日までの7日間にアクセスが多かった当サイトの記事とランキングページをご紹介します。まずは記事のトップ5から。

外出先でインターネットを利用するモバイラーを中心に、2009年秋以来、売れている「モバイルWi-Fiルータ」。日々、複数の無線LAN(Wi-Fi)対応機器を持ち歩いている方は、すでにお持ちのことでしょう。1位の<下り最大40Mbps超のモバイルWi-Fiルータ、「速さ」と「安さ」で選ぶならどれ?>でご紹介した通り、いまやデータ通信端末の約9割がモバイルWi-Fiルータタイプで、下りの最大通信速度は「40Mbps以上」がほとんどです。固定の光ファイバー回線並みの「70Mbps以上」に切り替わる日も近いでしょう。

もちろん、最大通信速度は理論値で、実際にはそこまで速くありません。ベストエフォート方式なので、回線を同時に利用するユーザー数によっても変わります。また、今回の記事では、あえて「つながりやすさ」には触れませんでした。いつでもどこでも安定して使えることを重視する方は、当面は、対応エリアの広い従来のサービスを利用したほうが安心です。

3月31日、NTTドコモの第2世代携帯電話「mova(ムーバ)」サービスが終了しました。ドコモユーザーの方は、かつてmovaとFOMAのどちらにしようか、購入時に悩んだ覚えのある人も多いでしょう。スマートフォンの普及、データ通信の高速化とともに、一つの時代が終わりました。

続いて、ランキングページのアクセス数のトップ5。

・1位 データ端末・データカード

・2位 携帯電話

・3位 デジタル一眼カメラ

・4位 コンパクトカメラ

・5位 ノートPC

記事と連動するかたちで、「データ端末・データカード」が1位でした。2位以下には、携帯電話・ノートPC・デジタルカメラといった定番のデジタルアイテムが続いています。また、タイプ・容量・カラーごとに別機種としてカウントしているため、アップルのiPadシリーズが上位をほぼ独占するかたちとなっている「タブレット端末」は6位でした。

【過去記事】

いま人気の動画

     

人気記事ランキング