【特集】「第28回 東京国際映画祭」の舞台裏

【東京国際映画祭】イーサン・ホークに絶賛の嵐! コンペ作品”満足度ランキング”速報レポ【第2回】

2015.10.25 15:51

先日、開幕した第28回東京国際映画祭。メインの「コンペティション部門」には選りすぐりの16作品がノミネートされています。そこで「ウレぴあ総研」では、劇場にて満足度調査を実施! その第1回目をランキング順に発表していきます!

東京国際映画祭も10月24日(土)で早くも3日目となり序盤戦も終了! 気になるコンペティション部門では日本から出品されている『さようなら』、イーサン・ホーク主演の『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』、タイの新鋭監督によるラブストーリー『スナップ』が上映された。各作品、残り2回の上映を控えているが、第1回目の上映を終えた時点での観客の評価をレポート!

3位:『スナップ』(10月24日上映)

『スナップ』 ©TrueVisions Group Co., Ltd.

満足度:75(100点満点)

<項目別5段階評価>
俳優:4.5
ストーリー:3.7
音楽:4.1
演出:3.6

卒業から8年が経ち、同級生の結婚式のために帰郷したヒロイン。そこにはカメラマンになった初恋の相手もいて…。タイのクーデター後の戒厳令下での現実と甘酸っぱい青春の思い出がスタイリッシュな映像と共に描き出される。

クーデター後の社会を描くと共にSNSなどの現代的ツールが大きな役割を果たすこともあり「現代にストーリーがマッチしていて入りやすかった」(27歳・女性)とタイの“いま”を切り取った作品として評価する感想も。

また各項目別では「俳優」に関して5点満点をつける観客が多く見られたが、特にこれが映画デビュー作となるヒロイン役のワラントーン・パオニンを多くの観客が称賛!

「ナチュラルな感じがよかった」(39歳・女性)、「初めてとは思えないくらい(ヒロインが)素敵でした」(25歳・女性)

ヒロインが、婚約者がいながらも、故郷で初恋の相手に胸を密かにときめかせる、といういわば王道の“青春振り返り”映画ということもあって、女性の観客の割合が高く、評価の面でも女性から「爽やかな映画」という感想が相次いだ。

尚、本作は10月27日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、10月29日に新宿バルト9にて上映される。

人気記事ランキング