妻に褒められると思うな! 「イクメン」を楽しむための10訓

2015.10.26 14:45

定時退社し子どもとの時間を増やし、一緒にお風呂に入ればイクメンだと思ってませんか? ママさんがあなたに求めているイクメン像のとおりになるのは実はそれほど簡単ではありません。ということで、実際に育児を分担している筆者がイクメンの心得を10箇条でまとめてみました。

定時退社し子どもとの時間を増やし、一緒にお風呂に入ればイクメンだと思ってませんか? ママさんがあなたに求めているイクメン像はになるのは実はそれほど簡単ではありません。ここ一年間は毎日5~6時間家事や育児を分担している筆者がイクメンの心得を10箇条でまとめてみました。

イクメンの道は厳しい(かも)

ちょっと前に新聞でイクメン特集が掲載されていたのですが「職場で『週に一度は定時退社して子どもとお風呂に入ります』とイクメン宣言をしたら拍手が起きた」という記事を読んで、びっくりしたことがあります。もちろん職場の同僚には定時退社の協力をお願いしたいところですが、そのくらいのイクメンでは本人だけ悦に入るばかりで、ママの負担がどれほど軽減されるかは疑問です。

定時退社して子どもとの時間を増やし、週に一度は一緒にお風呂に入るだけがイクメンではありません。むしろ「家事」と「育児」をバランスよく夫婦でシェアすることを考える必要があります。

長男が生まれてからそろそろ2年半がたち、2人目の子どもが生後4カ月とイクメン真っ盛りで、ここ1年は毎日5~6時間は家事・育児を分担している筆者(仕事はお金の専門家であるファイナンシャル・プランナーです)が、「イクメン10訓」をまとめてみました。

これからイクメンを目指す男性は「心構え」として、パパをイクメンに改造しようと考えている女性は「操縦方法」の参考として読んでみてください。


イクメン10訓

その1:イクメンして褒められると思うな
その2:自分のパンツは自分で洗え
その3:家事の「仕様」を早く聞き出せ
その4:妻より家事が上手くなってはいけない
その5:「母」であるが「恋人」でもあることを忘れるな
その6:子と遊ぶのはイクメンではない
その7: 家事育児できないならもっと稼げ
その8: 夜の予定は事前申告せよ
その9: 時々、妻にひとりの時間を与えよ
その10: 子育ては面倒と思わず「楽しめ」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント