【元カレ】ズルズル続く関係は時間のムダ! すっきり別れるための3つの考え方

2015.10.27 6:30

別れた後も時々飲みに行っては昔話で盛り上がり、時には体の関係になってしまう元カレがいませんか? 今回は、なかなか切れない元カレとの関係を、きれいに終わらせるための考え方をご紹介します。

別れた後も、時々飲みに行っては昔話で盛り上がり、体の関係になってしまう元カレがいませんか?

「このままじゃいけない」と分かっているけれど、正直言って、助けられている部分もあるから、切るに切れない。でも、そのままでは、何の進歩もありません!

本気で次に行きたいと思っているのなら、ずるずる続くその関係、ちゃんと終わらせませんか。今回は「なかなか切れない元カレとの関係をきれいに終わらせるための考え方」をご紹介します。

1.「私のことを一番分かっているのは彼」は思い込み!

別れた後も、悩み相談に乗ってもらったり、共通の友達の話で盛り上がったりすると、思わずホッとしてしまいますよね。

新しく出会った異性とは、また一から自分のことを説明したりしなければいけませんし、話が合わなかったりで、一緒にいても疲れてしまうと思うことはよくあります。「やっぱり私のことを一番分かってくれるのは彼なのかも」と、しみじみ懐かしさを感じるかもしれません。

でもそれは、時間をかけて楽な関係を築いたからであって、「かけた時間だけ、彼に価値を感じている」ただそれだけなのです。良いところも悪いところも全部見せられる関係は、これから新しく出会う人とだって、その気になればいつでも築けます!

それよりも、彼と時々会うことによって、「寂しい女じゃない」という生ぬるい安心感に浸ってしまうことが考えもの。彼との楽な関係は、一時しのぎの鎮痛剤でしかありません。その依存性を断ち切らなければ、新しい恋への勇気など湧いてこないのです。

2. ラクなことの先に幸せはない!

今は楽な関係になったけど、元カレと別れたときはそれなりに傷ついたはず。今、何となく新しい好きな人が出来ないのは、その時の心の傷や、ややこしい状況を思い出すと、新たな恋に進む気が起こらないからではないですか?

「うまくいく気がしない」「また人を好きになる気がしない」と立ち止まっているのは、新しいことをするよりも、「同じことを続けているほう方がよっぽどラク」だからとも言えるかもしれません。

元カレとの関係は、この先も、結局は「想像が出来る範囲」の事しか起こりません。その狭い世界の中では、元カレを上回る新しい出会いはやって来ないのです!

元カレと会うことは、「現状維持に逃げること」と意識して、思い切って誘いは断りましょう。いずれ、虚しいと思うときは来るのですから、もっと素敵な人と出会うために、それまでの時間をムダにしてはもったいないですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント