【保存版】60周年カリフォルニア「ディズニーランド」行き方&旅行準備10 パーフェクトガイド

2015.11.1 6:30

60周年イベント開催中のカリフォルニア州アナハイム「ディズニーランド・リゾート」。旅行準備、飛行機やホテルの各種手配、パークチケットの購入、クレジットカードやWiFi等の現地事情、現地での移動手段など、10のポイントを徹底解説します。

1955年7月、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムに「ディズニーランド」が開園しました。

開園から60周年を迎えたパークでは、2016年9月5日まで、アニバーサリーイベント「ダイヤモンド・セレブレーション」が開催されています。

読者の皆さんの中には「行ってみたいけど、海外だから…」と思っている方もいるかもしれません。

今回はそんな方のために、海外旅行の基礎知識から、旅行プランの立て方、そしてカリフォルニアでの過ごし方まで、詳しく紹介します。

 

1. 絶対に必要!「パスポート」

海外旅行へ行くために、まず必要となるのが「パスポート(旅券)」ですね。

パスポートは住民登録している都道府県の、旅券事務所・パスポートセンターに、必要な書類と手数料をそろえて申請します。

通常は申請してから、パスポートを受け取るまで、およそ1週間程度かかります。

海外旅行の場合は、飛行機の搭乗券とパスポートの氏名・英語のスペルが違っていると、搭乗することができません。

また、パスポートの有効期限が切れていると、海外へ行くことはできません。詳しくは、

外務省 公式ウェブサイト「パスポート(旅券)Passport A to Z」

 

2. 電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」

アメリカに行く場合は、パスポートのほかに「ESTA(電子渡航認証システム)」の申請・登録が必要になります。

米国国土安全保障省 公式ウェブサイト(日本語)」に詳しい解説があります。

申請・登録には、一人14ドルが必要です。インターネットで申請して、支払いはクレジットカードのみとなっています。

以前は入力事項が少なかったのですが、現在は勤務先の情報も入力しなければいけません。すべて英語・ローマ字での入力となります。

旅行代理店では、ESTAの申請を代行してくれるサービスもあります。ただし、手数料は少し割高です。

ESTAは一度登録すると、2年間は有効です。ただし、パスポートの有効期限が過ぎると、ESTAも無効になります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント