『花より男子』初のミュージカルに小栗旬も期待!

2015.10.26 19:40配信
ミュージカル『花より男子 The Musical』の製作発表 撮影:中川實穗 ミュージカル『花より男子 The Musical』の製作発表 撮影:中川實穗

ミュージカル『花より男子 The Musical』の製作発表が23日に都内で行われ、“F4”役の松下優也(X4)、白洲迅、真剣佑、上山竜治、牧野つくし役の加藤梨里香をはじめ、俳優の木村了、古畑奈和(SKE48)、玉置成実、生田智子、吉野圭吾、脚本の青木豪、演出の鈴木裕美、音楽を担当した本間昭光が登壇した。

【チケット情報はこちら】

少女漫画の金字塔『花より男子』(原作:神尾葉子/集英社マーガレットコミックス刊)は、日本でのドラマ化、映画化、アニメ化に加え、世界でもドラマ化される大人気作品。世界初のミュージカル化に、演出の鈴木は「大変人気のある作品ですし、各キャラクターに思い入れのあるお客様もたくさんいらっしゃることと思います。脚本家や演出家の自我を前面に押し出すよりも、心に寄り添える王道系のミュージカルにしていきたい」と語った。また、「先日、(ドラマ版で花沢類を演じた)小栗旬さんにお会いしたら、『(同、道明寺司役を演じた)松本(潤)とふたりで行くからね』と言われました」と、ドラマファンには嬉しいエピソードも披露された。

会見ではまず、道明寺司を演じる松下が「誰もが知っている作品でありながら初のミュージカル化。新しいことをするのはすごく楽しみ」と意気込みを。役が決まったときの感想を聞かれた美作あきら役の上山は「できるかなって心配ですよ(笑)。(イケメン役の)プレッシャーでパックを1か月分買いました」と、会場を笑わせた。3000人のオーディションからつくし役に抜擢された加藤は、「自分自身もですが、家族みんなが嬉しい顔をしているのが嬉しくって。その分がんばらないと、と思いました。それと、『おめでとう! 雑草っぽいよ!』と言われて喜んでいいのかわからないけど嬉しかったです(笑)」と笑顔で語った。

花沢類演じる白洲は自身と役柄の共通点を「控えめ、人見知り、インドア派、なところは共感できます。つくしを道明寺に譲るところは……僕は譲らないぞ、というところがあります」とニコリ。また、作品の内容に合わせて「胸キュンエピソード」を聞かれ、西門総二郎役の真剣佑はロサンゼルス出身なことから「胸キュンという言葉がアメリカにないので(感覚が)わからない」と困惑。「日本の女子高生の制服が(アメリカより)かわいい」とひねり出していた。

公演は、2016年1月5日(火)から24日(日)まで東京・日比谷シアタークリエ、1月28日(木)に福岡・福岡サンパレス、2月6日(土)・7日(日)に愛知・愛知県芸術劇場、2月11日(木・祝)から14日(日)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング