ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス ~ディズニー映画『アナと雪の女王』より~」 ©Disney

アイマスクをつけるとそこはアナ雪の世界!?

2013年にスタートした東京ディズニーランドホテルの目隠しレストランが今夏も開店。

2019年8月3日(土)~18日(日)の期間限定で「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス ~ディズニー映画『アナと雪の女王』より~」が開催されます。(2019年5月23日より予約開始)

真夏の『アナ雪』

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」とは、目隠しをしてコース料理を楽しむ「食」のエンターテイメントプログラムです。

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス ~ディズニー映画『アナと雪の女王』より~」 ©Disney

アイマスクをつけると、そこは『アナと雪の女王』に登場するアレンデール王国。

そこには、夏の訪れを喜ぶオラフや、ゲストと過ごすことを心待ちにしているアナとエルサも!

ゲストは、お城で開催された夏の訪れをお祝いするパーティーで振る舞われた料理をイメージしたコース料理を味わいながら、聴覚・味覚・嗅覚・触覚を通じて『アナと雪の女王』の世界を体感していきます。

ファミリー回も開催

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は、目隠しをして食事や演出を楽しみながら物語に没入していくプログラムです。

お席も、基本が1人席かつ相席。2名様以上で参加した場合でも、連れとは離れたお席に着席し、他の参加者と相席をします。

但し、全26公演中5公演はファミリー回が用意されており、ペア(連れと向かい合わせ・相席)あるいはグループ(定員4名席・グループで同じテーブルの席に着席)での相席が可能。特別な時間を体験することができます。

特別なプレゼント

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス ~ディズニー映画『アナと雪の女王』より~」 ©Disney

オラフのシルエットと「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」のロゴが入ったオリジナルデザインのグラスがプレゼントされます。

オラフの声は?

今回のプログラムは2019年1〜2月に公演された同タイトルのプログラムと同一の内容と発表されています。

『アナと雪の女王』といえば、オラフの日本語吹き替えを担当したピエール瀧さんが2019年3月12日麻薬取締法違反容疑で起訴、『アナと雪の女王 MovieNEX』は2019年3月13日に生産が終了されました。

プログラムで使用される音声について、東京ディズニーランドホテルを運営するミリアルリゾートホテルズ広報に確認したところ「キャラクターの声優に関しましては、当社が答える立場にございません。」との回答を得ています。

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス ~ディズニー映画『アナと雪の女王』より~」は、2019年8月3日(土)~18日(日)の開催です。

ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス~ディズニー映画『アナと雪の女王』より~
会場:東京ディズニーランドホテル 宴会場「シンデレラドリーム」
特典:オリジナルグラス
開催日程:2019年8月3日(土)~18日(日)のうち13日間 計26公演(通常回21公演・ファミリー回5公演)
発売開始:2019年5月23日(木)10:00

通常回 ※20才以上
普通席1名13,900円 ペア席2名27,800円
コース料理、飲み物(乾杯用スパークリングワインおよび白・赤ワイン、ソフトドリンクのフリードリンク)

ファミリー回 ※16歳以上
ペア席(2名まで) 25,800円 グループ席(4名まで) 51,600円
コースメニュー料理、飲み物(ソフトドリンクのフリードリンク)

フリーのライター・カメラマン/最高のファミリーエンタテインメントを求め、全国を巡っている。休日の7割は東京ディズニーリゾート。好きなホテルはディズニーアンバサダーホテル。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます