富士通のSIMフリースマホ、新たに量販店やISPなど9社から順次発売

2015.10.28 16:21配信
arrows M02

富士通は10月27日、Android 5.1を搭載したSIMフリースマートフォン「arrows M02」を、新たに全国の家電量販店やインターネットサービスプロバイダ(ISP)など9社に提供すると発表した。新たに提供を受ける量販店やISPは、10月29日に販売を開始する。

新たに「arrows M02」を販売するのは、家電量販店がコジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ピーシーデポコーポレーション、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの6社で、ほかにもインターネットイニシアティブ、DMM.com、ビッグローブが取り扱いを行う。

なお、すでに提供を開始しているケイ・オプティコム、ニフティと合わせて、販売会社は計11社となった。

「arrows M02」は、2330mAhの大容量バッテリを搭載し、独自の「ヒューマンセントリックエンジン」によるきめ細やかな省電力機能で、バッテリ駆動時間3日以上を実現した。

本体は、IPX5/8の防水、IP6Xの防じん性能を備えており、米国国防総省の調達基準であるMIL規格にも準拠し、さまざまなシーンで安心して使える。また、日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」を搭載し、「おサイフケータイ」に対応する。

CPUにクアッドコアのMSM8916を採用し、5インチ有機ELディスプレイ(解像度720×1280)、2GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。インターフェースは、microSDHC/microSDカードスロット、約810万画素/約240万画素のカメラなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1、NFC(近距離無線通信)、FeliCa。OSはAndroid 5.1。

サイズは幅68.9×高さ141.0×奥行き8.9mmで、重さは約149g。カラーは、Black、Whiteの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング