調理器具

シンク下のスペースをムダに使っていたBefore
収納に困っていた大量の布巾も紙袋を活用して上手に収納

鍋やボウルなどはシンク下に収納しました。洗い物が済んで乾いた鍋、ボウルなどをしまいやすい位置です。ちなみに、シンク下はお湯を使うため、熱がこもりやすくなります。食料品を収納するのは避けた方が良いでしょう。(井田さん)

収納は日々アップデートさせていく

最後に井田さんは、「キッチンの収納が『これで完成』というわけではありません。日々キッチンを使いながら、もっと動きやすい収納はなんだろう? と考えながら、より良い形に整えていってくださいね」と話していました。

新しいアイテムが増えたり、ふと突然「これはココに置いたほうが使いやすいのでは?」とひらめいたりすることもありますよね。

そんなときは収納の仕方を変えて、より使いやすくしたほうが、キッチンに立つのが楽しく、快適になりそうです。

井田さんに教わった収納の基本を活かしながら、今後もキッチン収納をこまめにアップデートしていきたいと思います!

【取材協力】井田典子
整理収納アドバイザー。3人の子育て中からシンプルライフを目指し、モノの整理が心の整理につながることを実感し、片づけ依頼を受けるように。2010年からNHK『あさイチ』スーパー主婦シリーズに出演。新刊『幸せをつくる整理術「ガラクタのない家」』(婦人之友社)など著書多数。

料理研究家。元お菓子メーカーの社員の32歳。カンタンで、知っておくと便利な料理情報の紹介から生活に役立つ知恵まで家事の幅広い情報を発信する。「とまり木のコラム」の家事・料理を担当。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます