島崎遥香、お化けより怖いのは「女子」 AKB48劇場での“目撃情報”明かす

2015.10.28 21:50配信
『劇場霊』ジャパンプレミアに出席した島崎遥香

 映画『劇場霊』のジャパンプレミアが28日、東京都内で行われ、出演者の島崎遥香(AKB48)、足立梨花、町田啓太と中田秀夫監督が出席した。

 この作品は、嫉妬・憎しみ・怨念が渦巻く閉ざされた“劇場”を舞台に、女優同士の壮絶な争いが繰り広げられる中、小道具として使われる球体関節人形が持ち込まれたことをきっかけに起こる恐怖を描く。

 島崎は「日本では初めての上映。皆さんからどういう反応が返ってくるのか楽しみですし、すごく緊張しています」と語るとともに、「塩の入浴剤を入れて朝からお風呂に入ってきました」と朝から身を清めてきたことを明かした。

 AKB48から離れて単独での映画初出演で主演を務め、「中田監督の映画は小さいころに家族で見た記憶があって、そんな監督の作品にまさか自分が出していただけるなんて思わなかったし、すごく光栄だなと思います」と喜んだ。

 「何もかも分からない状態で撮影に挑んだので、女優さんってこういう仕事なんだと学びながらやった撮影でもあります」と撮影を振り返り、「もっとできたのではないかと後々悔しい部分も見つかりましたが、当時できることを一生懸命やったと思っているので皆さんに見てほしいです」と意欲を語った。

 また、ホームである秋葉原のAKB48劇場での恐怖体験について問われると「見えるメンバーから『ステージから見てこっちの方に何かいる』という話は昔から聞きますが、私は見たことがないです」と明かし、ホラー映画のお化けより怖い存在は「女子ですね。めちゃくちゃ怖いですよ、いろいろな意味で」と語って笑わせた。

 この日は会場の新宿ピカデリーが一夜限りのお化け屋敷となり、東京ドームシティ アトラクションズ「呪い指輪の家」などで知られるお化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏プロデュースによるお化け屋敷を島崎らキャストと中田監督がひと足早く体験した。

 映画は11月21日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング