松山ケンイチ、北川景子が亡き監督への思いを語る 「一つのラブレターみたいな」

2015.10.29 19:54配信
舞台あいさつ/ワールド・プレミアに登場した北川景子(左)と松山ケンイチ

 映画『の・ようなもの の ようなもの』10月29日(木)公式上映舞台あいさつ/ワールド・プレミアが29日、東京都内で行われ、出演者の松山ケンイチ、北川景子ほかが登場した。

 この作品は、故・森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の続編で、生真面目な落語家・志ん田(しんでん)が、下町・谷中で悩みながらも生きる姿を描く。

 松山が演じた志ん田は、森田監督作品『僕達 急行 A列車で行こう』で以前、松山が演じた小町役がモチーフになっているというが、これについて松山は「最初に台本を読んだ時は、志ん田としか書いてなかったんですけど、衣装合わせをした時に『小町っぽくないですか?』と聞いたら、『小町だね』って言われて。現場に入ったら、みんな(森田監督作品の)役を引きずってる人ばかりだったので、『の・ようなもの』の続編としてこういうふうにやるのも、一つのオマージュというか、ラブレターみたいな思いがあるんだなって感動しましたね」と話した。

 北川も、同じく森田監督作品『間宮兄弟』で演じた夕美役を引き継いだ役を演じているが、台本を受け取った時の感想を「台本に(『間宮兄弟』の役柄と)全く同じ夕美と書いてあったので、森田組のしゃれなんだなと思って。夕美がずっと生きていて成長したら、こういう感じだったんだろうなと考えながらやろうと思いました」と振り返った。

 また、松山が「今、景子ちゃんと舞台あいさつをしていて思い出すのは、『サウスバウンド』で舞台あいさつをした時に、(森田監督に)『次は景子ちゃんと松山の2人で撮りたい、ラブストーリーを作りたい』と言っていただいていて、それが今回実現できたのかなと思いました」と心境を明かすと、北川も「そうだね」と大きくうなずいていた。 

 映画は、2016年1月16日(土)から、新宿ピカデリーほか全国公開。配給:松竹

いま人気の動画

     

人気記事ランキング