SETならではのエンターテインメント満載のタイムトラベルもの

2015.10.30 10:45配信
スーパー・エキセントリック・シアター『虹を渡る男たち』稽古場より スーパー・エキセントリック・シアター『虹を渡る男たち』稽古場より

結成36年目を迎えた劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の最新作『虹を渡る男たち』は、タイムトラベルを題材とした作品。ミュージカル・アクション・コメディーを標榜するSETのこと、もちろんそこには、思わず笑ってしまう仕掛けと、エンターテインメントの要素が満載だ。初日を控えてまさに佳境を迎えた稽古場では、座長の三宅裕司を中心に、劇団員たちがより精度の高い芝居と笑いを追求していた。

公演チケット情報

『虹を渡る男たち』で描くテーマは、ズバリ、“男の友情”である。舞台は日本の芸能界。ライバルとしてお互いに切磋琢磨したヒットメーカーでありながら、今は芸能界から姿を消してしまった長本と熊崎というふたりの男を、三宅と小倉久寛が演じる。稽古は、熊崎が芸能界から去ることになった原因を阻止しようと、過去へタイムトラベルしたシーンから始まった。その原因とは、熊崎がプロデュースしたアイドルグループ“サンデー娘”のメインボーカルがデビューする日に失踪したことだったのだが、失踪の原因を食い止めようというわけだ。そして、ここで早速、SETらしさが噴出する。止めようと必死になるほど失言を連発して、結果、何をやっても原因を止められず、何度もタイムトラベルを繰り返す羽目になるのである。そのスピーディーな展開と、絶妙な台詞の掛け合いに、劇団員からも大きな笑いが起きる。何度稽古を繰り返しても新鮮に笑えるというのは、タイムマシンの発明者の久松を演じる野添義弘を含め、ベテラン3人だからこそ成せる技だろう。

今回は、しかし、若手劇団員たちも負けてはいない。若い頃の長本を演じる白倉裕二、同じく若い頃の熊崎を演じる大竹浩一、失踪の原因となる男を演じる長谷川裕なども、三宅たちが投げかけるアドリブにしっかり呼応。こうしてアドリブで突っ込まれることで、SETの柔軟な芝居が生まれていくのだと実感する。また、その台詞がそのシーンがどうすれば引き立つのかと自ら動きを考えたり、“オネエの振付師”などの濃いキャラクターを担ってストーリーを盛り上げたりもしている。創立40周年に向け、SETの集大成にして原点回帰となる作品にしようとする思いが隅々にあふれていた稽古場。笑わせて笑わせて最後にホロリとさせる。そんなSETにしか作れない舞台がまもなく幕を開ける。

公演は11月7日(土)から23日(月・祝)まで、東京・サンシャイン劇場にて。

取材・文:大内弓子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング