伊勢谷友介が8年ぶり監督作への思いを語る

2011.10.27 20:23配信
伊勢谷友介監督

開催中の第24回東京国際映画祭で、特別招待作品として上映される映画『セイジ-陸の魚-』の会見が27日に行なわれ、監督の伊勢谷友介氏が登壇。本作への思いや主演の西島秀俊、森山未來について語った。

その他の写真

本作は、太宰治賞を受賞した辻内氏の人気小説を、俳優の伊勢谷友介が『カクト』に続く監督第2作目として映画化。美しい自然を舞台に、大学最後の夏休みに自転車でひとり旅をしていた“僕”(森山未來)と、国道沿いのドライブインで純粋に生きる男セイジ(西島秀俊)とのひと夏の日々を描く。

自作について「本質的に人間が生きることをきちんと考えさせてくれる要素がある。人間と自然との関わりあい、大きく傷ついた人たちが、どうやって次のステップに行くのか、そういうことを真剣に考えさせてくれる作品」と語る伊勢谷監督は、主演の西島、森山について「西島さんは、立っているだけで雰囲気のある方。もともと、人と違うチャンネルを持っている俳優さんだと感じていたので、監督としては何も言うこともなく演出させていただいた。森山さんは、現場まで(数日かけて泊まりながら)自転車で来たんですが、彼の中で気持ちを真っ只中に持っていく要素だったんだと思う。現場に入る前に役に対しての意見や考えもぶつけてもらい、映画が一段上になるようなアイデアも共有できたので、とても楽しい現場になった」と振り返った。 

「第24回東京国際映画祭」

『セイジ-陸の魚-』
2012年2月18日(土)、テアトル新宿他ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング