ゲーミングマウス「G502」が魅力をそのままにワイヤレス化

ロジクールは、ゲーミングブランド「ロジクールG」で「G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス」を5月30日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万8380円。G502でワイヤレス化は、今回が初となる。

都内で開催した記者会見では、天崎志保コミュニケーションマネージャーが「従来機種のG502は、感度、反応速度、追従性能が好評で、非常に人気のある製品だった。これらの好評だった機能を一つも削ることなくワイヤレスにしてほしいという声があり、新たに1から内部構造を見直し、ワイヤレス化した」と、新製品を開発した背景について語った。

ワイヤレスマウスで心配なのは反応速度だが、新たなG502の反応速度は1ms(毎秒1000回)。ワイヤレスにも関わらず、有線よりも早い反応速度を達成したという。ゲストとして登場したタレントのケイン・コスギさんは、「遅延は感じない」とコメントした。

ロジクール独自の「HERO 16 Kセンサー」を搭載しており、細かい操作や素早い操作に対応する高感度を実現。わずか1インチ(25.4mm)の操作に対し、1万6000ドット、マウスカーソルを移動させることができる。

カスタマイズ性も高い。11個のカスタマイズ可能なボタンを備えており、カスタマイズには、専用アプリ「G HUB」を使用する。また、バランスウェイト(4g×2個、2g×4個)が付属しており、プレーヤーが操作しやすいバランスに調節可能。LIGHTSYNC技術を採用しており、1680万色からゲーム内アクションに連動したライティングも設定できる。

ワイヤレスになったことで充電する必要が生まれたが、「POWERPLAY」に対応しており、同社独自の充電機能付きマウスパッドを使えば、プレーしながら充電できる。

サイズが幅75.0×奥行き132.0×高さ40.0mmで、重さが114g。ボタン寿命が5000万回クリックで、カラーがブラック。満充電時の駆動時間は、LED使用時に約48時間、未使用時に約60時間。充電時間は約90分としている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます