サラリーマン狂喜乱舞! 新感覚レース「いす-1GP」潜入レポ【写真満載】

2015.11.1 12:00

どうも、イスです。働く人にとっては毎日一緒に過ごしている相棒。もはや、1日の大半を彼と過ごしていることでしょう。そんな愛すべきイスと一緒に2時間走るという「いす-1」グランプリが開催されました! その模様をレポート!

どうも、イスです

朝から晩まで、四六時中一緒にいる仕事場のコイツ。付き合いたてのカップルだってこんなに密着していないのでは? というくらい、いつもピッタリくっついてます。

多くの人が職場で使っているであろう、この“キャスター付きのイス”。そして、みなさん一度はこんなことをやってみた、もしくはやってみたいと思ったことがあるのでは? 

思いっきりイスをこいで進む!! シャー!!!

イスに方足をついて、地面をけって進む!! シャシャシャーツ!!!

オフィスでやろうとしたら、周りから生暖かい視線で見られて、もしくは上司に怒られて断念してしまった方も多いと思います(私です)。

そんなオフィスワーカーの隠れた願望を叶えてくれるイベントが開催されました。

2時間耐久事務いすレース「いす-1グランプリ 京橋大会」

いす-1GPとは、2時間の間に事務いすを使って、コースを何週走れるかを競う耐久レースです。

日本事務いすレース協会代表理事で、京田辺市のキララ商店街事業協同組合の田原代表理事にお話を聞きました。

田原さん
「日本各地で行われている『いす-1 GP(グランプリ)』ですが、東京では初めての開催です。

しかも、京橋という、東京のど真ん中での開催となります。この場所を使って開催できるのは最初で最後かもしれませんね。

また、通常は高校生以上が対象ですが、今回は『熱いヤツ集まれ』というコンセプトのもと、コクヨ、オカムラ、アスクル、イトーキなど、有名企業もエントリーしています。それぞれ会社の看板を背負っての参戦となるので、そこも見どころです」

イベント当日の会場。「日本橋・京橋まつり」も開催されており、中央通りは閉鎖されています。

道路には、たくさんのキャスター付きイスが並べられています。普段屋内でしか見かけないイスが、外にずらっと並んでいるのは不思議な光景。

道路の一部を封鎖して作られたコースは約170メートル。マシン(イス)の交換、修理を行うためのピットもあります。

スタッフの方に速く走るコツを聞いたところ「コツ、というより、2時間走りぬくことが大変です。大体総距離は20㎞くらいでしょうか。皆さんトレーニングしたり、試運転したりしているみたいですよ」と教えてくれました。

今回の東京大会には31チームが参加しました。京橋がある中央区はもちろん、埼玉、千葉、福岡から参加したチームもいました。業種もオフィス家具、事務用品、自動車、ゲーム、PR、デザイン、不動産などさまざまです。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント