東京国際映画祭『ニーゼ』がグランプリを受賞 広瀬すずらがARIGATO賞を受賞

2015.10.31 18:37配信
「ARIGATO(ありがとう)」賞のプレゼンターと受賞者

 第28回「東京国際映画祭」のクロージングセレモニーが31日、東京都内の六本木ヒルズで行われ、コンペティション部門の最高賞「東京グランプリ」を、実在した不屈の女性医師を描いたブラジル映画『ニーゼ』が受賞した。

 審査員特別賞には『スリー・オブ・アス』、最優秀監督賞には『カランダールの雪』のムスタファ・カラ監督、最優秀女優賞には『ニーゼ』のグロリア・ピレス、最優秀男優賞には『地雷と少年兵』のローラン・モラーとルイス・ホフマンが選ばれた。

 また「映画界を支え、才気あふれる輝きを私たちに見せてくれる人物に感謝の意を伝える」新設の「ARIGATO(ありがとう)」賞には、女優の樹木希林、広瀬すず、俳優のリリー・フランキー、細田守監督ほかが選出された。

 「長きにわたる功績を讃えて」同賞を贈られた樹木は「昨日高齢者のための免許証取得の事前の講習会に3時間行ってまいりました」と近況報告で笑いを誘うと、「年を取るというのは大変なこと。にもかかわらず人さまから『ありがとう』と言ってもらえるとは…。いえいえ、こちらこそありがとうございます」と喜びを語った。

 今年『海街 diary』に出演したほか、『バケモノの子』ではヒロインの声を演じた広瀬は「映画界に彗星(すいせい)のごとく現れ、今後の映画界に無くてはならない存在になるとの期待を込めて」同賞を贈られた。

 広瀬は「日本でこのような授賞式で賞を頂くのは初めて。少し自分の中で恥ずかしい気持ちもありますが、支えてくださったたくさんの方に感謝の気持ちを込めて、一生懸命頑張りたいと思います。本当にありがとうございます」と語った。

 一方、「独自の存在を確立するアーティストとして」同賞を贈られたリリーは、『そして父になる』などで俳優としても活躍している。

 リリーは「樹木さんのように、映画界に長く貢献したわけではなく、どうして僕が頂けるのか…」と恐縮しながらも「どちらかというと、『広瀬すず枠』として“爽やかな風を吹かせた”という意味での受賞なのかなと思います」とちゃめっ気たっぷりに語ると「これも僕を面白がって(起用して)くれる才能あふれる監督たちのおかげ」と感謝を述べた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング