『エベレスト3D』メイキング映像が公開

2015.11.2 10:14配信
『エベレスト3D』(C)Universal Pictures

世界最高峰エベレストに挑む者たちのドラマを、1996年に起こった実話を基に描く超大作『エベレスト3D』の特別映像が公開になった。大自然の美しさと脅威を描く本作の魅力がわかる映像だ。

その他の画像/『エベレスト3D』メイキング映像

エベレストは、ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰の山。標高8848メートルの山頂を目指す者たちはあとをたたないが、山頂部では風速320キロメートルもの風が吹き、気温は零下26度にまで下がる。気圧は地上の3分の1ほどで、酸素を供給しなければ、肉体と意識は停止してしまう過酷な場所だ。

実際に行かなければ目にできない光景、大自然の広がり、白銀の世界、想像を絶する寒さに震える人々の表情……すべてをリアルに描くため、本作では実際に過酷な雪山で撮影が行われた。特別映像では、作品のダイジェストシーンを中心に、メイキング映像、出演者たちへのインタビューが収録されているが、サム・ワーシントンは「風景だけなく、登山者の心情までリアルだ」という。

監督のバルタザール・コルマウクルが「実際にエベレストを登るような臨場感が味わえる」と語る通り、本作ではエベレストの風景を繊細な3D映像で描き、さらに1996年に起こった実話を基に、自然が猛威をふるう中で必死に生き抜こうとした人々のドラマを描くことで、観客にさらなる緊迫感をもたらす。本作は、命をかけて挑まなければ見られない世界の美しさと、エベレストの脅威を“体感”できる映画で、スタッフたちは本作を大画面、大音響の映画館で観てもらうことを望んでいるようだ。

『エベレスト 3D』
11月6日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング