初舞台「バイオハザード」ツッコミどころ満載!? 迫りくるゾンビの恐怖をどう描くのか、原作ファンがジャッジ!

「バイオハザード」が、世界初となる舞台化を果たした。シリーズ初代からのファンとしては、「舞台化とはいえ映画ほどの予算がかけられるわけでもないし、大丈夫かな」などと心配になるのも致しかたないところなのだが、不安は実際に見て払拭すべし! ということで、舞台「バイオハザード」を原作ファンの視点で見てみることにした。

「バイオハザード」といえば累計6500万本を売り上げ、ハリウッドでも映画がシリーズ化された人気ゲームタイトルである。

バイオハザード自体はもともと「生物災害」という意味のある単語らしいが、今ではすっかりゲームのタイトルとして定着した。

そんな「バイオハザード」が、世界初となる舞台化を果たしたという。

ゲームやアニメの実写化には不安がある人も多いと思うが、バイオハザードは映画でも成功を収めているし、比較的舞台化しやすい作品かもしれない。

……と思いつつも、シリーズ初代からのファンとしては、「とはいえ映画ほどの予算がかけられるわけでもないし、大丈夫かな」「映像を通さずに見るとゾンビがチープにならないかな」「ていうか、アクション大丈夫?」などと心配になるのも致しかたないところなのである。

不安は実際に見て払拭すべし! ということで、舞台「バイオハザード」を原作ファンの視点で見てみることにした。

舞台用に書き下ろされた完全オリジナルのストーリー

あらすじはこうだ。

西オーストラリアの大学で突如バイオテロ事件が起こり、対バイオテロ部隊BSAAのピアーズとクリスがやってくる。

二人は大学で教鞭をとる元S.T.A.R.S.隊員レベッカと協力して事態の鎮圧を図るのだが、そう簡単にはいかない。

大学側、警察、そして学生など、様々な立場の人間たちの思惑が絡み合い、さらに謎の青年タイラー・ハワードも現れて謎が深まっていく――。

あらすじを見てもわかる通り、今回描かれるのは舞台用に書き下ろされた完全オリジナルのストーリーだ。

とはいえ、クリスやピアーズ、レベッカといった原作のメインキャラも多数登場する。謎の青年タイラー・ハワードは今作の主人公とも言える立場のキャラクターで、シリーズ主人公のクリスとの絡みが気になるところ。

ストーリーとしては、BSAAとピアーズが登場しているので、シリーズでいうと「5」と「6」の間くらいの話になるだろうか。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング