好きな人に対して、自分ではそれとなくアピールしているつもりなのに、相手に全然気づいてもらえない…切ないですよね。

ですが、ほとんどの男性は、自分が好意を持っていない女性からのアプローチに対して鈍感です。

男性は、異性を追う意識が強い傾向にあります。そのため、自分が好きになった異性は積極的に追いかけるものの、好意を持たない女性からのアプローチに対しては鈍感になりがちなんですね。

では、好意を持たない女性からのアプローチには、全ての男性が消極的なのでしょうか。そうではありません。自分に好意を寄せてくれる女性とは、トラブルなく恋愛関係に発展できると考える男性も多いです。

また、実際にコミュニケーションを重ねていくうちに恋心が芽生えるということも多いと考える人もいます。

とはいえ、直球で告白するのは振られたらダメージが大きそうですし、勇気がいりますよね。

安心してください。好きな男性にそれとなくアプローチして「この子、俺に気がある?」「つきあって大事にしてやりたい」と思ってもらえる方法を5つお教えします。

好きな人に恋心を気づかせる方法

1.SNSで一日1回以上メッセージを送る

SNSの投稿にコメントするのではなく、ダイレクトメッセージでさりげないメッセージを送るのがポイント。おはようとかいった簡単な挨拶でもいいので、短めの文を送るのが効果的です。男性は、自分に直接話したいことがあるのかな?と意識するようになります。

2.食事やイベントに連れていってほしいとお願いする

好きな人と日常的によく顔を合わせるようなら、この方法は効果的です。直接言えるならベストですが、SNSのダイレクトメッセージで伝えてもかまいません。ポイントは、1と同じように、あまり長くならない短めの文章で送ること。

男性からすれば、「これだけ頻繁に、食事やイベントに連れていってくれというなら、俺に気があるのかな?」と考えるようになります。

3.上手にお願いをする

男性は、自分の彼女、そうでない女性を問わず、女性に対してしてあげたことを喜ばれると、とても気分をよくします。この心理を逆手にとりましょう。

好きな人の負担にならない程度で、頼みごとをしてみるのです。

好きな人と職場などで毎日顔を合わせるようなら、直接お願いしてみましょう。もし、ネットでしかやりとりする機会がないなら、「これを教えて」といった、物理的な制約がないことをお願いしてみるといいでしょうね。

いずれも、好きな人が自分のために動いてくれたら、大げさに喜んでお礼をいいましょう。相手が気をよくしてくれたら、「お礼をしたいから」という名目で、食事やイベントに誘うのも良い方法です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます