生田斗真、山田涼介に「後で楽屋に来い」 サプライズ演出に苦笑い

2015.11.7 15:49配信
サプライズ演出の成功を喜んだ浅野忠信

 映画『グラスホッパー』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、菜々緒、村上淳、瀧本智行監督が登壇した。

 本作は、伊坂幸太郎氏の人気小説を映画化。殺された恋人の復讐(ふくしゅう)のため、裏組織に潜入した元教師の鈴木(生田)を主人公に、心に闇を抱えた3人の男たちが、ある事件をきっかけに運命を交錯させていく様子を描く。

 この日は、生田以外のキャストが劇場の後方から先に登場。その後、舞台の袖から登場する生田をみんなで迎えるという段取りだったが、いざ生田がステージに上がると、壇上にいるのは自分一人だけ。客席に座った他のキャストを見た生田は、ようやく“サプライズ”の演出だと悟り、「俺だけ違う会場に連れて来られたのかと思った」と苦笑いを浮かべた。

 浅野が「こんなの初めて。生田くんは(驚くと)こんな顔するんだって思った」とサプライズ演出の成功を喜べば、事務所の後輩の山田も「先輩の冷静さを保とうとする顔が面白かったです」とニヤリ。これに、生田は「おまえ、ちょっと後で楽屋に来いよ」と冗談交じりに応じ、笑いを誘った。

 この日は西島秀俊が主演する『劇場版 MOZU』や、佐藤浩市主演の『起終点駅 ターミナル』も封切りを迎えた。近くで舞台あいさつが行われることから、生田は「今日はこの作品を選んでくれてありがとうございます。今この近くには、僕の10歳近く上の西島さん、20歳近く上の佐藤さんがいたりしますが、僕も30代を代表するような人間にならなきゃなという思いで今ここに立っています」と真剣な表情であいさつした。

 本作で、殺し屋役に挑戦した山田も「僕にとって映画の撮影をした初めての作品。自分としても新境地に踏み込めたのではないかと思っているので、いろんな方に見て楽しんでいただけたら」とアピールした。

 また、自分の演じた役に共感する部分を問われたキャストたち。生田が迷いながらも「鈴木の持つ弱さの中にある強さ、意志の固さには憧れるところがある」と答えると、すかさず山田が「生田さんに弱さありますか? 強くて男らしい先輩というイメージですが」と突っ込み、「あえて挙げるなら、さっきのドッキリの時のテンパっている顔ぐらいじゃないですか」と再び先輩イジリをして、会場の笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング