【EXO】海外男性アーティスト最速東京ドーム公演 5万人が“We are one”

2015.11.9 4:00

今月4日に日本デビューした韓国発の人気ボーイズグループ、EXO(エクソ)が11月8日、初となる東京ドーム公演3daysのファイナルを迎えた。

EXO 左からベクヒョン、ディオ、セフン、チャンヨル、カイ、スホ、チェン、シウミン

今月4日に日本デビューした韓国発の人気ボーイズグループ、EXO(エクソ)が11月8日、初となる東京ドーム公演3daysのファイナルを迎えた。

2012年4月に韓国・中国にて正式デビューしたEXO。デビューから3年7か月で同所で単独公演を行うのは、ボン・ジョヴィの記録(約4年)を上回り海外男性アーティストとしては最速。夢の舞台での初ワンマンに、メンバーは喜びを隠し切れないようで、「夢に見ていた東京ドーム単独公演です」(シウミン)、「この日を待っていました!」(スホ)、「感動しています」(ベクヒョン)、「東京ドーム最高!」(チャンヨル)と大はしゃぎ。プレッシャーを感じさせない堂々としたパフォーマンスで、日本デビュー曲『Love Me Right ~Romantic Universe~』やヒット曲『CALL ME BABY』ほか全27曲、約3時間に渡って多彩なステージを繰り広げ、5万人を熱狂の渦に巻き込んだ。

ライトシルバーのペンライトで埋め尽くされた会場に登場したメンバーは、『Overdose』『HISTORY』といったダンスナンバーを立て続けに披露。勢いそのままに、オトナの男の色気で魅せたり、少年らしい可愛さを発揮したりと、様々な魅力を放ち会場を魅了。楽曲ごと、パートごとに様々に“表情”を変える展開で会場を終始熱狂させた。

中でも、カイとセフンの水を用いたダンスは、あまりのセクシーさに会場中が息をのむほど。また、デビューシングルのカップリング曲『Drop That』では、チャンヨルがDJブースに乗り込み、コール&レスポンス。レーザー光線も飛び交い、ドームを巨大な“クラブEXO”に変えると、会場中がジャンプし一体となって盛り上がった。

同公演は、ワールドツアー「EXO PLANET #2-The EXO'luXion-」の一環。日本公演だけの演出として、EXOのロゴをモチーフにした六角形の花道とサブステージもポイントで、ド派手な演出に、会場から大きな驚喜の声が上がった。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング