三谷幸喜、「ひきょうなやつら」と恨み節?

2015.11.9 20:29配信
白衣姿で熱弁をふるう三谷幸喜監督

脚本と監督を手がけた最新作『ギャラクシー街道』が公開中の三谷幸喜が11月9日に、主演の香取慎吾とともに、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台あいさつを実施。『宇宙と映画の関係』と題した“特別講義”を行い、「結果的にライバルになりましたが、負けました。(SF映画の)企画はこっちが先で、向こうがぶつけてきた。ひきょうなやつらですよ」と恨み節を交えながら、年末に公開されるSF超大作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に敗北宣言した。

その他の写真

ヒットメーカーである三谷監督が初めて挑んだスペース・ロマンティック・コメディ。老朽化が進み、閉鎖がささやかれるギャラクシー街道にひっそり佇むハンバーガー店で、店主夫婦と行き交う客たちの人間…ならぬ宇宙人模様が交差する。三谷監督は「ほとんどCGを使わず、手作り感がある暖かいSFを作りたかった」と“三谷流”SFのこだわりを語った。

この日の“特別講義”は『宇宙と映画の関係』に加えて、『宇宙の大きさについて』「ギャラクシー街道はSFか?』をテーマに、三谷監督が白衣姿で熱弁。「SFはサイエンス・フィクションだけじゃない。サ(S)マー・フ(F)ェスティバル、俊二(S)藤村(F)などさまざま」と笑いを誘った。

公開後は「案外ホッコリしたと言ってくださる人がいて、うれしいですね。感動ナシって宣伝していましたから(笑)」(香取)、「今までたくさん映画を撮ったが、これほど『観ましたよ』って声をかけられた作品はない」(三谷監督)と周囲からさまざまな反響が。ただ、香取はファンから「すごくカッコ良かったとも言われる」と“過去形”での称賛に複雑な表情も見せた。

『ギャラクシー街道』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング