茂野海人(ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ) (c)F.SANO

5月24日、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズが前日練習を行った。『三菱地所スーパーラグビー』ラウンド15の相手・レベルズには4月6日、SHウィル・ゲニア&SOクウェイド・クーパーにゲームを支配され、15-42で完敗を喫した。トレーニングを終えたFLダン・ブライアー主将、PR山下裕史、SH茂野海人はリベンジを誓った。

【チケット情報はこちら】

「ここ最近はタフな負けが続いているが、しんどい時間帯に受けに回ったら持たない。きつい時間帯こそ踏ん張らないといけない。レベルズ戦ではゲームをしっかりコントロールしたい。ラインアウトの正確性も大事になる。ペナルティが多くなっているので、規律を持ってチームのディフェンスをやっていこうと話し合った。相手の9番・10番がキープレイヤーだと理解している。彼らを止めるゲームプランをしっかり遂行できれば」(プライアー)

「レベルズは大きいFWが多く、スクラムもしっかり組めるチーム。ラインアウトも注意しないといけない。FWでしっかり勢いを殺すことが大事。前回の敗戦は反則が多くリズムに乗れずに、相手のリズムになったのが要因。何とかサンウルブズのラグビーを80分間通してできれば。とにかくホームで勝ちたい。2勝しているが、まだホームでは勝っていないので」(山下)

「レベルズは9・10番がしっかりゲームを作ってくるので、ゲームプラン通りにさせないことが大事。ゲニアに自由に動かれるとやっかいなので、しっかりプレッシャーをかけたい。自分たちのゲームプランを信じ切ることが大切。安易に50-50のパスを出さないようにしていきたい。個人としてはディフェンスでもコンタクトプレーを出し、もう少しボールを持ったら走りたい」(茂野)

試合登録メンバーは以下の通り。
1三上正貴(東芝)、2ネイサン・ベラ(-)、3山下裕史(神戸製鋼)、4マーク・アボット(-)、5トンプソン ルーク(近鉄)、6ラーボニ・ウォーレンボスアヤ(-)、7ダン・プライアー(サニックス)、8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)、9茂野海人(トヨタ自動車)、10ヘイデン・パーカー(神戸製鋼)、11セミシ・マシレワ(近鉄)、12フィル・バーリー(-)、13ジョシュ・ティム(-)、14ゲラード・ファンデンヒーファー(クボタ)、15ジェイソン・エメリー(サニックス)、16ジャバ・ブレグバゼ(-)、17コナン・オドネル(-)、18浅原拓真(東芝)、19徳永祥尭(東芝)、20ツイ ヘンドリック(サントリー)、21ジェイミー・ブース(-)、22ホセア・サウマキ(キヤノン)、23山沢拓也(パナソニック)

『SR 2019』ラウンド15・サンウルブズ×レベルズは5月25日(土)・秩父宮ラグビー場にてキックオフ。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます