『パディントン』新予告編が公開に

2015.11.11 10:54配信
『パディントン』

全世界40か国で翻訳されている児童書を実写映画化した『パディントン』の新予告編映像が公開になった。AIの『ハピネス』がイメージソングとして使用されている。

新予告編映像

本作の主人公パディントンは、ペルーのジャングルからイギリスの首都ロンドンにやってきた紳士なクマで、『007』シリーズのベン・ウィショーがパディントンの声を演じ、ニコール・キッドマンや、ジム・ブロードベント、ドラマ『ダウントン・アビー』のヒュー・ボネヴィルらが出演している。

このほど公開になった予告編は、ジャングルから英国のパディントン駅にやってきたクマが、ブラウン一家に出会い、“パディントン”と名づけられ、共に暮す過程がテンポよく描かれる。パディントンの豊かな表情、愛らしい動きに目が釘付けになる映像だ。

イメージソングの『ハピネス』は総ダウンロード数が300万超を記録したヒット曲で、配給元は「本予告では“パディントンとブラウン一家の物語”の心温まる要素を打ち出し、この楽曲を起用することでエモーショナルに訴えていけるのでは、と思いました。また、歌詞・楽曲共に元気をくれる曲、思わず笑顔になる曲として日本人に広く認知されており、この曲をイメージソングに起用することで、本作が“観ると笑顔になる/幸せな気持ちになる映画”であることを観客の皆様に伝えていけたらと思います」とコメントしている。

『パディントン』
2016年1月15日(金) 全国ロードショー


(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear(TM). Paddington(TM) AND PB(TM) are trademarks of Paddington and Company Limited

いま人気の動画

     

人気記事ランキング