玉森裕太、西内まりやに「Sっ気がある」 サンタへのお願いは「新しい洗濯機」

2015.11.11 21:17配信
“心ときめく”イベントに出席した西内まりや

 映画『レインツリーの国』の公開直前!“心ときめく”イベントが11日、都内の表参道ヒルズで行われ、映画に出演するKis-My-Ft2玉森裕太、西内まりやが出席した。

 この作品は有川浩著の同名小説を映像化。大阪出身の青年・伸(しん)が思い出の本をネット検索するうちに出会ったひとみ(西内)にひかれ、恋に落ちていく…というピュアなラブストーリーだ。

 これまで大阪や名古屋でも舞台あいさつを行ってきたが、2人きりでのイベントは今回が初めて。玉森は「西内さんはムチャぶりがすごくて恐ろしい(笑)。Sっ気がある。小悪魔的な感じ」と語ると西内は「お客さんが喜んでくれるかなと思って…」と苦笑い。

 だが、この日も「(玉森が演じた)伸さんに会いたいな~!」と会場を巻き込み、玉森に大阪弁でのセリフをおねだり。玉森は「ここにいるでー! …ほら、こういうの!」とまたも西内のムチャぶりに翻弄されていた。

 玉森は「キスマイのメンバーは全員映画を見た」と言い、「二階堂(高嗣)は見ながら『ありえねー!』とかリアクションをとってて。いい視聴者だなぁと思いました」と明かすと会場からは笑い声が。さらに「宮田(俊哉)からはメールがきた。『2回見た。ガチ泣き』って書いてあって。そう言ってくれるのもうれしいし、2回も見てくれるなんていいヤツだなって。千賀(健永)は『俺には恥ずかしくてこんなことできない!』って言ってました」とそれぞれの感想を笑顔で紹介した。

 また、劇中ではメールが2人の恋に重要なツールとなることにちなみ、会場のお客さんから届いたメールにタブレット端末を使い公開生返信を行うことに。

 「撮影で大変だったこと」を問うメールに、玉森は「やほー 大変だったことはラストシーンの撮影がとても寒くて震えてたよ」と文字を入力。顔の絵文字を選んで終了…、かと思いきや、「ブルブル」の文字と車の絵文字をプラス。「よくわからない絵文字を入れてみました」と笑った。

 一方の西内は「メールで告白したい」という恋愛相談に回答を。「シンプルが1番。好きですって送っちゃえ 応援してるよ」と入力。それを見た玉森は「言い方はへたくそでも気持ちは伝わると思う。僕はそっちを重視します」と告白を後押ししていた。

 最後は「サンタさんに何をお願いしますか」というメールが。玉森は「もうそんな季節かー 今年はー 新しい洗濯機かな。」と入力し「最近(洗濯機の)調子が悪くて。サンタさんお願いします」と“ガチ願い”していた。

 映画は11月21日(土)から全国東宝系にて公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング