デュアルOSを搭載したQNAP SystemsのNAS、テックウインドが販売

2015.11.12 17:28配信
「TAS-168」(左)と「TAS-268」

テックウインドは11月11日、QNAP Systemsの「Turbo NASシリーズ」の新製品として、Android端末としてもNASとしても使用できる「TAS-168」(シングルドライブモデル)と「TAS-268」(RAID1モデル)の2機種を発売した。どちらも価格はオープン。

QNAP独自のNAS用OS「QTS」に加えて、Android OSを搭載したデュアルOS仕様のNAS。ストレージであるNASとして使えるほか、保存したデータの再生などが可能なAndroid端末としても利用できる。HDMIケーブルでテレビやディスプレイに接続することで、保存したデータを閲覧、再生できる。

Android側からは「QFile」や「Qvideo」といったQNAPの独自アプリを使用して、NASのデータ領域にアクセス可能。映像と音声のハードウェアデコード機能を持ち、H.265形式の4K2K動画を再生できる。このほか、Google Playストアにも対応する。一般的なAndroid端末と同じように、Google Playからアプリのダウンロードも可能だ。

NASとしては、従来のQNAP製NASと同様に、Windows/Macのプラットフォームを問わないファイル共有や、「myQNAPcloudサービス」によるリモートアクセス機能、デバイス間でのデータ同期に対応した「Qsync」、クラウドサービスへのバックアップ機能などを利用可能で、Android側で利用しているコンテンツをQTSで管理できる。

インターフェースはUSB3.0×1基、USB2.0×4基、HDMI出力×1基、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基を搭載する。対応OSは、Windows XP以降、Windows Server 2003以降、Mac OS X以降、LinuxおよびUNIX。連続読込速度は毎秒約100MBで、Androidの操作も可能なリモコンが付属する。

「TAS-168」は、2TBのNAS用HDDを備えたシングルドライブモデル。税込の実勢価格は4万2800円前後。「TAS-268」は、2TBのNAS用HDD×2基を搭載したRAID1モデル。税込の実勢価格は5万7800円前後。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング