ZTEジャパン、SIMフリースマホ2機種とLTE対応モバイルプロジェクター

2015.11.12 18:18配信
中央左は季明社長、中央右は映画コメンテーターの有村昆さん

ZTEジャパンは11月11日、SIMフリースマートフォン(スマホ)の新製品「AXON mini(アクソン・ミニ)」「Blade V6」と、LTE対応Android搭載プロジェクター「モバイルシアター」を11月13日から順次発売すると発表した。

●三つの生体認証機能を備えた「AXON mini」

「AXON mini」は、プレミアムライン「AXONシリーズ」のコンパクトモデル。5.2インチのディスプレイを搭載しながらも左右のベゼル幅を0.85mmと狭くすることで本体の横幅を70mmに抑えた。ディスプレイの解像度はフルHD(1980×1080ドット)。

メインカメラは1300万画素で、F値2.0の明るいレンズを搭載。最短0.1秒の高速オートフォーカス(AF)も備える。フロントカメラの画素数は800万画素。192kHz/32bitのHi-Fi音源の再生にも対応する。ロック解除などに利用できる生体認証として、指紋認証、音声認証、眼の静脈認証の三つを備える。

OSはAndroid 5.1.1。チップセットは「Snapdragon 616」(オクタコア)、RAMが3GBでストレージは32GB、128GBまでのmicroSDXCカードに対応する。バッテリー容量は2800mAh。サイズは高さ143.5×幅70×厚さ7.9mm、重さは約140g。カラーはゴールドとシルバーの2色。発売時期は12月以降で、価格はオープン。税別の実勢価格は4万円前後の見込み。

●スリムで軽いスタンダードモデル

「Blade V6」は、「Bladeシリーズ」の最新モデル。カメラ機能が充実しており、メインカメラが1300万画素。2色のフラッシュも搭載する。顔認識や360度パノラマ、被写体の動きを一枚の静止画に撮影できる「ストロボシューティング」などの撮影機能を利用できる。フロントカメラの画素数は500万画素。

ディスプレイは5インチのHD(720×1280ドット)で、チップセットは「MT6735」(クアッドコア)を採用する。RAMは2GB、ストレージは16GBで、最大32GBのmicroSDHCカードに対応。OSはAndroid 5.0。サイズは高さ142×幅69.5×厚さ6.8mm、重さは約122g。カラーはシルバーとグレーの2色。発売時期は11月下旬で、価格はオープン。税別の実勢価格は2万6800円前後の見込み。

●日本初! LTE対応Android搭載プロジェクター

「モバイルシアター」は、ZTEが海外で「Spro 2」として販売している製品の日本版。ソフトバンクがSIMとのセットで11月13日に発売する。価格はオープン。

サイズが、高さ131×幅134×厚さ33.3mm、重さ約579gとコンパクトで軽いので、バッグなどに入れて持ち運べる。5インチHD(1280×720ドット)のタッチパネルディスプレイを備え、直感的に操作ができる。

プロジェクターの明るさは最大150ルーメンで、最大120インチまでHD画質で投影できる。2秒オートフォーカス、台形補正機能を備え、瞬時に適正な投影が可能。このほか、最大10台まで同時接続ができるモバイルWi-Fiルータ機能を備える。内蔵バッテリーは6300mAhで、約3時間の連続投影が可能。

製品発表会に映画コメンテーターの有村昆氏が登場し、「モバイルシアター」を「これこそ求めていた一台。もうDVDプレーヤーを持ち歩かなくてもこれ一台で世界中の映画が楽しめる」と話した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング