笑福亭鶴瓶、大阪弁に大苦戦 「触角切られた昆虫みたいや」

2015.11.12 20:30配信
ハプニングを乗り越えアフレコを行った笑福亭鶴瓶(右)と木村文乃

 映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』アフレコ取材が12日、東京都内で行われ、日本語ナレーションを務める笑福亭鶴瓶、木村文乃が出席した。

 この作品は、地球の主人公・野生生物の目線で捉えた2万年の物語をドラマチックに描いたネイチャー・ドキュメンタリー。マスコミに向けてのアフレコでは、鶴瓶の番になって機材トラブルが起こるなどのハプニングもあり、「俺の時だけどうなってん。本番の時もあったよね。いじめられてんの?」と笑いを誘った。

 木村は「この(役者の)仕事をやると決めてからずっと憧れていた仕事でした。こんなに素敵で大きいチャンスをいただいて、自分なりに準備してきたけどまさかのイントネーションで苦労するという…」と振り返り、「標準語圏で育っているのに、意外と動物の名前が難しかったです。標準語を意識したことがなく、自由に話していたので」と語った。

 これには鶴瓶も「大阪弁でいいと言うのに、動物の名前、学術用語は大阪弁じゃダメ。いつも台本なんか真っ白なのにぐちゃぐちゃですもん。苦労しましたね」と大きくうなずいて同意した。アフレコでは監督と演出との間で6時間に及ぶバトルが繰り広げられたといい、「その前に3つ仕事をしてきて最後がアフレコで、頭が破裂しそうになった。油断すると次の大阪弁がおかしくなってしまう。触角を切られた昆虫みたいになってましたよ」と明かした。

 苦労の末完成した作品について、鶴瓶は「年齢関係なく見てほしい。子どもらは言葉は関係なく動物の動きを楽しめますからね」とアピールし、木村も「動物というものに対して固定概念のない若い人にこそ見てほしい。師匠のナレーションが優しく寄り添ってくれて、最後に希望のある作品です」と呼びかけた。

 映画は来年1月15日からTOHOシネマズ日劇ほか全国拡大ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング