夏は皮脂や汗の季節。匂いや毛穴汚れをしっかり対策していきたいですね。

そんな暑い季節を前に始めたい、顔やボディの素肌ケア。

ボディ系は使う分量が多いだけに、「できるだけコスパを良くしたい!」という方も多いでしょう。

そこで今回は100円ショップのダイソーから、ボディ&フェイスケアの素肌磨きアイテムをご紹介していきます。

ダイソーといえばコスメも人気ですが、メイクアイテム以外にせっけんや洗顔フォーム類も充実しています。トレンド感ある炭酸泡のフォームやレモンピーリング、拭き取りメイク落としシート、自然派石鹸などもあります。

100円なら顔から体まで惜しむことなく使えますね。

ダイソーの素肌磨きアイテム

自然派せっけん 無添加と炭

顔やボディ、ハンドと使える丸型のせっけんが4種類あります。このせっけんは大きめで、特に夏場はコスパ良好。

「無添加」と「炭」は香料や着色料が入っていないもので、シンプルな原料となっています。

「無添加」はナチュラルなせっけんで、泡立ちもよく、洗顔で使うとメイク汚れをさっぱりと落としつつ、つっぱり感のない洗い上がりです。

ハンドソープとして使っても手肌は荒れないので、毎日使える使い勝手の良いソープです。

「炭」の方は、黒いせっけんで炭が入っています。炭は汚れを吸着したり、体臭を少なくするのにも役立つので、顔の毛穴汚れや、脇に足に、これからの季節にプラスしたい一品。

洗顔石鹸として使ってみると、優しい洗い上がりで肌が落ち着くような感触です。

ピーリングジェル レモン

顔や体の肌のザラつきをオフするレモンのピーリングジェル。

レモン果実エキスが保湿成分として配合されています。半透明のジェルで香りは無香料。

水分がない肌に直接乗せて、くるくると肌をマッサージします。しばらくするとポロポロとしてきますので、シャワーなどでジェルを落としていきます。マイルドなピーリングで、顔や体に週1〜2回が目安です。

ザラつきの気になる腕やひじに使ってみると、しっとりと洗い上がり、肌が柔らかくなったよう。角質や毛穴のつまりを落とし、サラサラとした肌感が持続します。

スクラブではないので、すぐに目に見える結果が出るわけではないのですが、使い続けることで肌が変わってきます。

使い続けると、やはり毛穴のつまりが取れやすくなり、見た目にも触った感じも滑らかになってきます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます