安倍首相とエルドアン大統領が『海難1890』を鑑賞

2015.11.16 11:32配信
『海難1890』を鑑賞する安倍首相とエルドアン大統領(C)2015 Ertugrul Film Partners

トルコのアンタルヤで行われている20か国・地域首脳会議(G20)に先がけて、現地時間13日、イスタンブールにあるユルドゥズ宮殿で、安倍晋三第97代日本国内閣総理大臣と、レジェップ・タイイップ・エルドアン第12代トルコ共和国大統領が日本・トルコ合作映画『海難1890』を鑑賞した。合作映画とはいえ、両首脳がひとつの作品を鑑賞することは極めて異例のことだ。

その他の画像

本作は、1890年に和歌山県串本町の沖合で発生したトルコ使節団を乗せた軍艦“エルトゥールル号の遭難事故”と、その95年後に戦禍のテヘランで取り残された日本人たちをトルコ機が救出した“イラン・テヘラン在留邦人救出劇”というふたつの史実を題材とした感動作。

プレミア上映会が行われたユルドゥズ宮殿は、エルトゥールル号と縁のある建物で、安倍首相、エルドアン大統領のほか、田中光敏監督と、本作に出演したケナン・エジェ、メリス・ババダーも同席した。

上映後、田中監督は「トルコの皆様、そしてエルドアン大統領閣下、映画を作るにあたって、またロケにするにあたってご協力とおもてなしに感謝します」と話し、「この125年のトルコと日本の友情をみならって、私たち映画人もまなび友情の輪を広げ、世界への平和、友情のメッセージとして広がっていくことを願います」とコメント。

共同記者会見で安倍首相は「ただ今、エルドアン大統領と観た『海難1890』は人類に普遍的な勇気と思いやりの物語であるとともに、エルトゥールル号事件125周年、トルコ航空による日本人救出30周年という記念すべき年の集大成といえる作品であると思います」といい、「125年前に、日本人が海で見せた精一杯の友情に対して、トルコの人々は95年後に空で応えてくれました。1985年3月、トルコによる日本人救出の際、外務大臣であった父・安倍晋太郎の秘書官として、私はこの歴史的瞬間の話を耳に致しました。あの時の感動と感謝の気持ちは今でも忘れませんし、今、プレミア上映を一緒に拝見をさせて頂きまして、あの時の感動・感激が再びよみがえって参りました」と語った。

エルドアン大統領も「友情の映画が作れて感激しています。この映画は日本とトルコの文化の関係を近くする」と述べ、両首脳は映画のポスター2枚にそれぞれがサインをし、一枚ずつ、持ち帰った。

『海難1890』
12月5日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング