ソニー、柄が変わる電子ペーパーウォッチ「FES Watch」を一般店頭販売

2015.11.17 15:53配信
FES Watch

ソニーは、新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)から誕生した電子ペーパーを採用した腕時計「FES Watch」の一般店頭販売を、11月21日にMOMAデザインストアで開始する。また、12月1日からは伊勢丹新宿店でも販売を行う。税込価格は2万9700円。

ファッションのデジタル化による、新たな体験を創出する「Fashion Entertainments」の第1号商品で、電子ペーパーを採用することで文字盤とベルトの柄を24通りのバリエーションから自由に選べる。従来は、クラウドファンディングおよび「First Flight」サイトでの受注販売のみだった。電池寿命は約2年。ケースサイズは直径46.0×高さ7.5mmで、重さは43g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング